韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ12話】男主人公を誘惑するつもりはありませんでしたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「男主人公を誘惑するつもりはありませんでした」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第11話 第12話 第13話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「男主人公を誘惑するつもりはありませんでした」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【12話】ネタバレ

2人が向かう先

空にデネブが輝く夜、リアンとエレノアは夜道馬車を走らせていた。

俺の願いを聞いてくれたらそなたの願いも一つ聞いてやると彼は言う。

リアンと逃げ出しているという未だに現実とは思えないこの状況にエレノアは戸惑い、特に願い事を答えることはなかった。

今向かっているのは帝国で最も美しい城と言われるラ・フロイド。

帝国には5つの公爵家があるが、唯一建国の功績ではなくその財力で爵位を買い上げたフロイド公爵家の城である。フロイド家はリアンの母系だ。

ラ・フロイドはフロイド家の血を引く者だけが入ることが許されるはず…とエレノアは疑問を感じる。

エレノアの突きつけた条件

ラ・フロイドに到着したが、2人が泊まる部屋はベッドが一つ。

ただリアンはエレノアが嫌がることはしないと言う。

それならばと彼女はリアンの手を縛ることに。

彼にかかれば縛りをほどくことなど容易だが、明日の朝までにその結び目が解かれていたらもう二度と会わないという条件をエレノアが突きつけ、2人はベッドに入るのだった。

公爵たちの雑談

皇宮で行われているパーティーでは、公爵たちが雑談をしている。

そこにいるのはクロード・ロウエン。西部のロウエン公爵家の主で大法官だ。どうやら彼はカラーブリア公爵を嫌っているようである。

そして話し相手はミナーズ・エイブロト。東部のエイブロト公爵家の女主で帝国の外交を任されている。

少し遠くでは何やらカラーブリア公爵が取り乱しており、彼らがそれについて話していると、その話題に興味を持ったアーサー・ボルミオも入ってきた。南部のボルミオ公爵家の主で行政官だ。

カラーブリア公爵が取り乱しているのはリアンが誕生祭のパーティーに現れないため。ただリアンがなぜパーティーに現れないのかは誰にもわからない。

公務でもあるんだろうかと言うロウエン公爵だが、間違いなく何かあったのよとエイブロト公爵は言う。

女の勘というやつか、エイブロト公爵の勘はよく当たるらしい。

そのころ皇女アイリーンはひそかに怒りに震えていた。手に持ったグラスにグッと力を入れ、ピシッとひびが入るのだった。

一つのベッドの上で

一つベッドの上で過ごすリアンとエレノア。

エレノアはぐっすりと眠っているが、リアンは寝れずに彼女のことを見守っていた。

美しい彼女の寝顔を見て、彼は今自分を抑えるのに必死である。

ただそれでも彼女との約束は守り、縛られた手を解くことはなかった。

寝ているエレノアに寄り添いながら、3年前に初めて彼女を見た時のことを思い返すリアン。

そして彼はエレノアの髪に優しく触れ、軽くキスをするのだった。

【12話】感想

リアンとエレノアはラ・フロイドというフロイド家の城に泊まることになりました。フロイド家の血を引く者だけが入れるはずなのにエレノアは大丈夫だったのですかね…?

一方で皇宮では相変わらずカラーブリア公爵が慌ただしかったようで。リアンがパーティーに来ないため大変な思いをしているようです。

次リアンが父と顔を合わせたらひどく怒られそうですね…。

そしてもしエレノアと一緒にいたということがバレてしまった場合、彼女が罰せられてしまう気がしますが大丈夫でしょうか。続きが気になりますね。

←前回 今回 次回→
第11話 第12話 第13話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ