韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ41話】もうこれ以上愛さないの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「もうこれ以上愛さない」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」 や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第40話 第41話 第42話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「もうこれ以上愛さない」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【41話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

イゾルデの代わり

夜。ネバエはある場所に向かいながら、イゾルデとお茶をした時のことを思い出した。

年ごろの女性の憧れの的であるイゾルデと話せたことを夢のように思うネバエ。

ティエリー帝国の話になると、懐かしく思う気持ちはあるが今の生活に満足しているとイゾルデは言う。そして、彼女はネバエが来たことを喜ばしく思っているようだ。明日、ネバエの妹に会いたいと言うと、夕暮れ時になったことに気付いた。

彼女はティエリー使節団の総責任者のところに代わりに迎えに行って欲しいとネバエにお願いをすると、ネバエは快くそれを承諾するのであった。

ティエリー使節団の総責任者

侍女のロゼットに連れられて、ティエリー使節団の総責任者のところに向かうネバエ。

一方、レニエとアーレントのところに来ていたイゾルデ。

ネバエが自分の代わりにティエリー使節団の総責任者のところに行ってくれているとイゾルデは言う。ネバエがこれから同郷の人に会える機会が少なるからと気を遣ってのことだった。

しかし、それを聞いたアーレントはありがとうとは言い難いと答えた。なぜなら、ティエリー使節団の総責任者はネバエの元婚約者のバレルであるからであった。

そして、バレルの待つ部屋にネバエが通されると、彼は驚きの表情を隠せないのであった。

【41話】感想

←前回 今回 次回→
第40話 第41話 第42話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ