韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ30話】目覚めたら悪女でしたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「目覚めたら悪女でした」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第29話 第30話 第31話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「目覚めたら悪女でした」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【30話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

親しい呼び方

名前ではなくもっと親しい呼び方はどうかと言うケイルネン。

レシアンはその必要はないと思ったが、どうしてもと言う彼の意向で”ケイ”と呼ぶことに。

皇太子との関係もあるので、その呼び方はひとまず2人だけでいるときのみにするのだった。

ナルアと遭遇

ケイルネンとの話が終わり、執務室をあとにしたレシアン。

すると彼女は偶然ナルアに出くわす。

そして、公爵と会っていたのですねと話しかけてきた。皇太子と結婚する関係なのだから気をつけなければいけませんよとも。

当然レシアンのことを心配しているわけではなく、ただ皇太子の名前を出してマウントを取りたいだけである。

レシアンは、あなたの皇太子への気持ちがずっと変わらないことを願っているわと言い残して、立ち去って行くのだった。

バルデアの部屋へ

屋敷に帰って来たレシアンは、何か意味深にリオニに声をかけた。

二度とこの間のような辛い思いはさせないよと。私が必ずそうするから!と彼女は心の中で誓った。

何のことか分からない様子のリオニだが、レシアンは何か考えがあるようで、護衛騎士の男に一緒について来て欲しいと話しかける。

そしてレシアンが向かった先はバルデアの部屋。

護衛騎士にやらせることはただ一つ、これから起こることを傍で見させるだけである。

レシアンが護衛騎士と共にバルデアの部屋に入ると、そこでは予想通りのことが起きていた。

バルデアが世話人に対して暴力を振るっていたのだ。

その光景に護衛騎士は驚き、やはり…!とレシアンは呟くのだった。

【30話】感想

ナルアはいちいちマウントをとろうとしてきて、本当に性格が悪そうですね。

皇太子のことなど何とも思っていないナルアからしたらダメージなど無いですが、ただただ相手をするのが面倒くさそうです。

それから屋敷に帰って何かをやろうとしているレシアン。

護衛騎士を連れてバルデアの部屋を訪れましたが、彼女の悪行を暴こうというのでしょうかね?楽しみです!

←前回 今回 次回→
第29話 第30話 第31話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ