韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ8話】継母だけど娘が可愛すぎるの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「継母だけど娘が可愛すぎる」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第7話 第8話 第9話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「継母だけど娘が可愛すぎる」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【8話】ネタバレ

大臣の提案

セイブリアンのもとを訪れた2人の大臣。

そのうちの一人であるストーク公爵は早速用件を話始める。それは、すぐに次の側室を迎えるべきだというもの。

アビゲールと結婚して1年が経過するが未だに懐妊はなく、現在は家庭内別居中である。

そのような状況から側室を迎えるべきだと提案してきたのだ。

セイブリアンはその提案を拒否するが、ストーク公爵はイラっとしながらも説得を続ける。

ブランシュの母である今は亡きミリアム王妃はストーク公爵の娘だった。

そして今回、末っ子のカリンと結婚させようというのがストーク公爵の魂胆である。

しかしセイブリアンはその提案を断固拒否。二度は警告しない!と強く言い、ストーク公爵を帰らせるのだった。

セイブリアンの答えは

ストーク公爵が部屋を出た後も、もう一人の大臣はまだ残っていた。

そして彼はストーク公爵の話には聞く価値があると言う。

たしかにストーク公爵には王族に近づきたいという見え見えの思惑があり、それが煩わしいのであれば他の家門の娘を迎えても良いのではと。

しつこい説得にうんざりした様子のセイブリアンだが、彼の話は止まらない。

セイブリアンの兄弟であるレイブンが結婚して男児が生まれたらどうするのかと言うのだ。

レイブンは私生児であり、セイブリアンの影のように育ってきた人物だが、それでも間違いなく王族の血を継いでいる。

もしブランシュの未来の夫と、レイブンの息子が後継ぎ争いをした場合、血統を重視する貴族はどちらを支持するだろうかというのである。

しかしそんな説得にもセイブリアンの気が変わることはなく、私の妻はアビゲールただ一人だ!と力強く言い放つ。

側室を迎える気はない!と断言し、彼を部屋から追い出すのだった。

王の義務

部屋で一人になったセイブリアンは頭を抱えていた。

皆私に義務ばかり求めるのだな…と。

そして過去にミリアム王妃に言われた言葉を思い出してゾクッとした。

これも王の義務です。いい王にならなくてはいけませんわ。

そのような言葉が頭に浮かんできて、はぁはぁ…と呼吸が粗くなり取り乱しているようだ。

一方でアビゲールの言葉も頭に浮かんできた。

夫としての役割を強要することはないでしょう。しかし父親としての役割だけはしっかりと果たしてください。

その言葉を思い浮かべ、彼は少し微笑む。夫の役割を求めないなど、初めて聞く言葉だったからだ。

父親の役割は…大して頑張ってもなかったか…と彼は思うのだった。

それから休もうと思って寝室に向かうと、なぜだかバラの香りが漂ってくる。

部屋に入ると、そこにはベッドに座って微笑んでいるアビゲールの姿が。

いらっしゃい、殿下…。

そう言いながら微笑んでいるアビゲールに、何とも奇妙な光景だとセイブリアンは感じるのだった。

【8話】感想

セイブリアンはあまり義務に縛られたくはない人なのでしょうね。そう考えると、王の義務など求めないアビゲールは彼にとっていいような気もしますが。

大臣側も簡単には引かないと思うので、今後も側室問題は話に出てきそうです。

またセイブリアンが寝室に行くと、そこにはまさかのアビゲールの姿が。彼女は一体何を考えているのか、気になるところです。

←前回 今回 次回→
第7話 第8話 第9話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ