韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ14話】継母だけど娘が可愛すぎるの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「継母だけど娘が可愛すぎる」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第13話 第14話 第15話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「継母だけど娘が可愛すぎる」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【14話】ネタバレ

礼儀作法の稽古中

ノマとクララを外で待たせ、アビゲールは一人ブランシュの部屋に入ることに。

部屋の中では今は礼儀作法の稽古中とのことで、ジェレミー夫人の指導を受けていた。

正しい姿勢を身に着けるために本を頭に乗せて歩くブランシュ。

そんな娘の姿を見て、かわいすぎる!とアビゲールは目を輝かせる。

何とかうまく歩こうとするブランシュだが、中々うまくはいかず、本が床に落ちてしまう。

何回も失敗を繰り返すブランシュにジェレミー夫人はため息をつき、女性にとって一番大事なのは美しさだと言う。

いくら高貴な身分でも、見た目がそぐわないと誰も耳を傾けてはくれないのだと。

その言葉にアビゲールはピクッと反応し、子供になんてことを言うのよ!と心の中で思う。

ここはファンタジーの世界だが、前世の現実世界でも似たようなことはあった。女が外見が大事だと言う人が多くいたのだ。

そのことを思い返し、アビゲールの表情は険しくなるのだった。

まさかの食事制限命令

それから稽古を続けるブランシュだが、ジェレミー夫人は彼女の腰回りをふと気にする。

出した食事以外に何か召し上がりましたか?と。腰に肉が付いていることを指摘してきたのだ。

そして何とブランシュの食事の量を減らすと言い出すではないか。

その言葉にアビゲールはまた衝撃を受ける。成長期の11歳の子供に食事制限など、信じられない話である。ブランシュはただでさえ年頃より細くて小さいのだ。

それから稽古の休憩時間、アビゲールは持って来たスミレの砂糖漬けをブランシュに渡した。

甘い香りに、頬を赤らめて目を輝かせるブランシュ。

食べてみてとアビゲールは促し、ブランシュもそれを手に取るが、やはりそこで間に入って来たのはジェレミー夫人である。

彼女はそのお菓子を食べないようにと言ってくるのであった。

ブランシュの選択は

食事制限が必要だと言って、お菓子を食べないようジェレミー夫人は指示してくる。

成長期の子供に食事制限はおかしいと反論するアビゲールだが、姫の教育は私に一任されるとおっしゃいましたよね?と言ってくるジェレミー夫人。

確かに転生してくる前のアビゲールは、そのように言ったのである。面倒だからと教育を放棄して全てジェレミー夫人に任せていたのだ。

さすがに動揺してしまうアビゲール。

そんな彼女のドレスをギュッと掴み、王妃殿下!大丈夫です!とブランシュは言ってくる。

彼女はジェレミー夫人の指示に従い、お菓子を我慢するという選択をしたのだ。

ごめんなさい…私が食いしん坊で…とブランシュは申し訳なさそうにしている。

彼女の悲しそうな表情に、アビゲールは心が痛くなるのだった。

【14話】感想

ジェレミー夫人は厄介な人ですね。指導がかなり厳しいようで、辛そうなブランシュを見ていると胸が痛みます。

まあ転生前のアビゲールが一任してしまったことが最大の過ちでしたね。責めるなら前のアビゲールでしょうか…。

やはりブランシュは良い子なのでジェレミー夫人の言うことに従ってしまうようですが、どうにか今のアビゲールの力でもう少し自由にさせてあげて欲しいです。

←前回 今回 次回→
第13話 第14話 第15話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ