韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ42話】メイドとして生き残りますの最新話のネタバレと感想!

ピッコマで公開されている「メイドとして生き残ります」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第41話 第42話 第43話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「メイドとして生き残ります」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【42話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

消えた王妃

夜になり、王妃がいないか探しに部屋をでるアス。

地下室に行って以降、王妃の姿を見ることはなくなった。

部屋に戻ってくると、シエルとミオは起きていた。

毎晩、どこに行っているの?と聞くシエル。そして、王子はアスがいなくなると、泣いてしまうのだとい言う。

アスは謝罪すると、もう夜に出かけたりしないと約束をするのだった。

ペンダントの肖像画

部屋の中で、地下室にあったあのペンダントを見つめるアス。状態は悪く、おそらく100年前くらいは前のものだろう。

アスではちゃんと読むことが出来なかったので、授業の時間にセヤに聞いてみたところ、刻まれていた名前は「ミカエル・クォーテリン」であった。

「ユルーゲル・クォーテリン」と姓が似ている。

そういえば肖像画もミカエル王子に似ていると思ったが、どことなくユルーゲルにも似ている。

この肖像画の「ミカエル・クォーテリン」はユルーゲルの先祖ではないかとアス推測した。

王妃が言っていた「あの日」の地下には王妃、乳母、そして男が2人いたと言っていた。

1人はエバンス国王のようだが、もう1人は…

アスの頭にはユルーゲルの顔が浮かんだ。ユルーゲルの先祖のペンダントもあったし、ほぼ彼で間違いないだろう。

なぜ4人がいなければならなかったのか?魔法陣の血は?乳母の復讐は?

アスは疑問でいっぱいになるのだった。

シエルへの質問

アスは王子をあやしているシエルに話しかけた。

相手が魔法使いかどうかわかる?

黒魔術師は魔法を使わない限りわからないけど、魔法使いであればわかるのだと言う。

シエル曰く、エバンス国王は魔法使いではないし、ユルーゲルもちょっと見ただけだが魔法使いではないようだ。

それにしてもシエルはよく王子の面倒を見てくれる。

適度に良くなったらここから追い出そうとしていたアスだが、とても助かるのであった。

トントン。扉を叩く音が。

ミナがアスを呼びにやって来たのだ。

シエルを部屋に住まわせていることは秘密にしていたため、彼に隠れるよう指示するアス。

アスが王子を抱えて部屋を出ると、ミナはクラインが来たことを伝えに来たのだと言う。

クラインが来たことを知るなり、アンナとエリーが飛びついてきた。

2人はクラインの副官を紹介してもらう予定だと言うのだった。

【42話】感想

←前回 今回 次回→
第41話 第42話 第43話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ