韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ12話】その脇役王子、私がいただきますの最新話のネタバレと感想!

LINEマンガで公開されている「その脇役王子、私がいただきますのネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第11話 第12話 第13話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「その脇役王子、私がいただきます」の漫画は「LINEマンガ」で公開されています。


【12話】ネタバレ

厳しい山登り

ピオニエはマリーと一緒に雪いちごを探すために雪山を登っていた。

まだ目的地まで4分の1しか進んでないのに、ピオニエは息を切らしている。やはり彼女の弱い体にはきつかったようだ。

暫くしたところで2人は立ち止まり、マリーは引き返しましょうと提案する。

もし姫に何かあれば殿下とガルテン王国に顔向けができませんよ…

と言って涙を流す彼女に、苦労をかけてごめんねとピオニエは謝り、引き返すことにした。

そんなピオニエの態度を見て、こんなに優しいのに監視なんて…と思うマリー。

彼女はピオニエが悪い人には全然見えないと感じているのだった。

帰る途中、草木の中からガサガサと怪しい音が聞こえてくる。

その気配に2人は焦り、一心不乱に下山して無事城まで戻って来るのだった。

入れ違い

リヒトに知られてはまずいと思い、さっさと城に入ろうとする2人。

しかし出迎えたアンディから驚きの事実が聞かされる。

何とリヒトはピオニエたちを探しに雪山に入ってしまったのだと。

リヒトは雪に覆われた山の中、姫!!と声を上げ彼女のことを必死に探していた。

彼女たちの足跡の後を辿り歩いていると、バッ何かが彼の方へ飛び掛かって来る。

リヒト!!

そんな言葉と共に彼のほうに飛びついてきたのは、ピオニエだった。

リヒトは突然出てきた彼女を見て、ただただ驚くのだった。

【12話】感想

リヒトは結構必死な感じでピオニエのことを探していました。純粋に彼女のことを心配しているのでしょうか。

やっぱり悪い人ではない感じがあふれてきますね。

最後に飛び出てきたピオニエは下山したはずでは?一体なぜここにいるのでしょうか。

←前回 今回 次回→
第11話 第12話 第13話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ