韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ12話】レディベイビーの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「レディベイビー」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第11話 第12話 第13話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「レディベイビー」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【12話】ネタバレ

信頼できない執事

カリオペイアの前世でのこと。

執事は慎重で腰が低くて仕事が出来る人物。誰が見ても信頼できる執事だと彼女も思っていた。

生まれた時から一緒にいたということもあり、血がつながっていなくとも家族も同然だと信じていたのだ。

しかし彼女は裏切られたのである。

こうするしかないのです…さすがに…共に死ぬわけにはいきませんからね。

頭を下げて謝りながらも、冷酷な表情を浮かべてカリオペイアにそう言ってきた。

前世でのその記憶を思い出しながら、彼女は部屋を出て行くよう執事に言う。

そして食事中であったお皿を執事に投げつけ、彼の顔はスープでびしょ濡れになった。

乳母様の言う通りお嬢さまは泣かれませんね。しっかりされているとは思えませんが。

そのように言い残して、執事は不機嫌そうに部屋を立ち去って行くのだった。

乳母への訴え

執事が去った後、どうしたのかしらと乳母はカリオペイアのほうを見た。

そんな視線を感じ、カリオペイアはハッとして、乳母は何も知らないんだった…と思った。

お嬢様どうされましたか~?と言ってあやすようにカリオペイアを抱き上げる乳母。

するとカリオペイアは乳母にギュッと抱き着き、執事が嫌いだから会いたくないとたどたどしく言う。怖いからと。

その言葉を聞いた乳母は、誰もいないときに執事に何かされたんじゃ…?と思った。どうやら兄ルシウスとローベルトの時もそうだったようである。

乳母はカリオペイアのことを優しく撫でながら、執事には注意しようと思うのだった。

カリオペイアの誕生日

カリオペイアの誕生日。

誕生日パーティーが開かれ、カリオペイアは父や母、兄たちに囲まれて祝われている。

生まれて来てくれてありがとう!と母が声をかけると、こちらこそありがとうございます!とたどたどしい活舌ながらも礼儀正しく返事するカリオペイア。

その返事を聞いて、誰も招待しなくてよかった…と母は思った。

こんなに可愛くて愛らしくて賢いだなんて、このままじゃ娘を狙う人たちがゴロゴロと現れてしまう!と。

カリオペイアのことは絶対に渡さないぞ!と両親や兄2人はメラメラと闘志あふれる目つきである。

そんな中カリオペイアはふと浮かない表情をする。

どうしたの?と母が心配して声をかけると、へーぎでしゅ(平気です)とカリオペイアはぎこちない笑顔で応えるのだった。

【12話】感想

どうやらカリオペイアは前世で執事に裏切られていたようです。前世の回想は断片的な描写だったので詳細は分かりませんが、とにかく執事は信頼できない人物だということですね。

この物語の中で、カリオペイアの敵となる人物は初めて登場してきました。ここからもう少しシリアスな場面が増えて行くでしょうか。

最後に彼女が浮かない表情をしていたのはなぜなのでしょうか。やはり執事の事ですかね?理由が気になるところです。

←前回 今回 次回→
第11話 第12話 第13話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ