韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ8話】今世は当主になりますの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「今世は当主になります」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第7話 第8話 第9話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「今世は当主になります」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【8話】ネタバレ

馬鹿げた取引

ビエーゼは商人集団デュラックとの取引の話を、当主ルーラックに提案していた。

そこにはデュラックの長であるクロイトン・アンゲナスとクレリバンも同席している。

取引の内容は、東の地域でのみ流通している紡織物を首都で売るため、ロンバルディに運送を引き受けて欲しいというもの。

さらに紡織物の代金もロンバルディ銀行から借りる予定だという。

いい方法だと思いませんか?と目を輝かせているビエーゼだが、一方のクレリバンは呆れていた。

クロイトンの家門アンゲナスは皇后の家門であり、万が一事情に失敗しても皇室相手に取り立てなどできない。

事業に失敗したらロンバルディが余波を受け止めることになるのだ。

しかしルーラックは、この話をビエーゼに任せようと言う。

当主の許可に張り切るビエーゼだが、彼の思惑はクロイトンに貸しを作ること。それにより皇家の権力を手にする追い風になると考えているのだ。

だがこんな馬鹿げた取引を止めたいクレリバンは、一度品物を見てから話しませんかと提案する。

それに関してはルーラックも同意し、一度この場では保留となるのだった。

チャンスは平等に

クレリバンの一言で取引の話が一旦保留となってしまい、ビエーゼは苛立っていた。

この間抜けが!とクレリバンに対して思いながら、彼は部屋を立ち去っていくのだった。

しかし逆にクレリバンはビエーゼに呆れているようだ。どうしたら当主からあんな息子が生まれるのだと。

2人きりになってから、こんな取引はありえません!と主張するクレリバンだが、この事業をシャナネットが持ち込んで来たらどうだったと思う?とルーラックは問う。

シャナネットはルーラックの長女であり、クレリバンも認める優秀な人物だ。

もしこの事業の話を彼女が持ち込んだなら、何か考えがあっての事だろうと周りは認めるだろう。だから贔屓しないようルーラックはビエーゼにもチャンスを与えたのだ。

またルーラックはシャナネットが一番後継者に適していると考えているようだが、事情があって難しいらしい。

そして残った後継者候補は、過激な長男ビエーゼに、何も考えていない次男ローレルズ、そして心弱い三男ギャラハンである。そんな状況にルーラックも頭を悩ませているようだ。

それにそもそも後継者争いに当主は介入しないのが原則であり、チャンスは平等に与えるという考えから、さっきの事業をビエーゼに任せることにしたのだ。

これはアンゲナスとビエーゼに対するテストなのだとルーラックは言う。

フィレンティアに期待されているようでしたが…とクレリバンが言うと、彼女は幼すぎるしまだ天秤にかけられただけだとルーラックは答えるのだった。

初めての授業

フィレンティアは初めての授業の日、指定された部屋を訪れた。

そこに入ると、ベレサック、メイロンとギリウ、そしてララネたちがいる。

皆、初めて授業に来るフィレンティアに注目するが、やはり食って掛かって来るのはベレサックである。

なんでお前が来たんだ!?お前と俺が一緒に授業を受けるわけないだろ!などと怒鳴って来るが、フィレンティアにとっては相手にするのも面倒くさいようだ。

そしてフィレンティアに話しかけてきた意外な人物、それはメイロンとギリウである。

生まれ変わる前は彼女に関心すら見せなかった2人だが、どうやら彼女がベレサックに勝ったことで関心が湧いたようだ。

ベレサックを叩いたんだろ?しかも勝ったんだろ?とキラキラした目で話しかけてくると、フィレンティアは戸惑う。

そこにクレリバンが入って来て、早速授業を始めると言うのだった。

【8話】感想

ルーラックは賢くない後継者候補でも切り捨てたりはしないという方針のようです。チャンスは平等にという。

フィレンティアが生まれ変わる前の世界線では、ルーラックが亡くなってから2年でロンバルディは滅びているので、やはり誰が後を継ぐかは大事ですけどね。

今回の世界ではどうにかフィレンティアが家門を救ってほしいところです。

←前回 今回 次回→
第7話 第8話 第9話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ