韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ40話】今世は当主になりますの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「今世は当主になります」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第39話 第40話 第41話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「今世は当主になります」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【40話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

ルーラックからの叱咤

フィレンティアを怪我させたベレサックとアスタリウは、ルーラックに呼び出され、執務室で叱られていた。

彼らはこれ以前にも、フィレンティアを虐めるなとルーラックから注意を受けていたにもかかわらず、今回木刀を振り回した挙句に彼女を怪我させたのだ。

さすがのルーラックも見過ごしてはくれないようだ。

ベレサックは悔しがっていた。実は双子が投げた木刀が直撃したことで、彼の腕は折れていたのだ。

怪我したのは俺のほうなのに何で平民の血が流れる半端貴族のフィレンティアが庇われるんだ!と心の中で思い、納得いっていない様子である。

しかしそんなベレサックの態度を見て、反省の色が見えないなと言うルーラック。

彼は、今後一切フィレンティアに近づかないようにと2人に命じる。そして、その命令に逆らう場合はロンバルディとしての資格を疑わざるを得ないだろうとも。

またアスタリウにも、剣術を習うことを禁じるという罰が下された。怪我を負わせたのはベレサックだが、その間アスタリウはただ呆然と見ていただけであり、弱者を守る心得のないものに剣を握る資格はないという。

彼らはこっぴどく叱られ、ルーラックの執務室を後にするのだった。

執務室を出ると

ルーラックの執務室を出たベレサックとアスタリウ。

アスタリウは泣きながら、僕はもう行くね…と言って先に帰る。

一方のベレサックはまだ納得がいかずに怒っていた。怪我をしたのは自分のほうなのになぜ皆フィレンティアの味方をするのだと。

くそっ!と壁を叩き、全部あいつのせいだ!と声を荒らげる。

今に見てろ!俺がこのままやられてばかりいるもんか!と言いながらベレサックが歩いていると、突然誰かに木刀で足をはらわれて転んでしまった。

それをやったのは双子のメイロンとギリウである。

双子は、床に倒れているベレサックを見下ろし、痛そうだね…と言って不敵な笑みを浮かべている。

怪我した腕は痛い?腕一本でそんなに痛いのに足まで折れたらどうなると思う?足も折れたらもう二度と悪いことできないよね?

そう言って双子はベレサックに木刀を突き付け、ぐいぐいと詰め寄る。

そんな威圧的な彼らにベレサックは怖気づき、おじい様に禁じられたからもう二度とフィレンティアに近づかないよ!と彼らの前で宣言した。

ベレサックのその言葉を聞いて双子はニコッと笑い、約束通りティアに近寄るなよ!と念押しするように言い残して立ち去っていく。

ベレサックはただただ悔しそうに、歯を食いしばって震えているのだった。

一方ルーラックの執務室には、ものすごい勢いで駆け込んでくる者が。ベレサックの父ビエーゼである。

彼は不満そうな顔で、づかづかと部屋に入り、ルーラックの目の前まで来る。

そしてバンッと机に手を置いて、これは偏愛です!!とルーラックに訴えるように言うのだった。

【40話】感想

叱られた後のベレサックとアスタリウの反応は全然違いましたね。

アスタリウは反省しているかはわかりませんがとりあえず涙を流して肩を落としていました。一方でベレサックは叱られたことを不満に思い、ますます怒っているようですね。

そんなベレサックを懲らしめてくれたメイロンとギリウ。この双子にこんな怖い一面があるとは驚きです…。

フィレンティアの心強い味方ですが、暴力を振るうとベレサックと同じで見つかった時に立場が悪くなってしまうので、そこは気を付けてとも思ってしまいました。

←前回 今回 次回→
第39話 第40話 第41話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ