韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ35話】今世は当主になりますの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「今世は当主になります」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第34話 第35話 第36話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「今世は当主になります」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【35話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

ロンバルディの食事会

今日はロンバルディの食事会。家族の団結のために四半期ごとに行われる家門の行事である。

ギャラハンとフィレンティアも着飾り、手をつないで食事会の会場に向かった。

すると途中でクレリバンが待っており、ギャラハンと事業のことで話がしたいと言う。

ギャラハンはその場を少し離れることになり、その間フィレンティアはギリウとメイロンと遊んでるねと言うのだった。

またギャラハンには悟られていないが、フィレンティアはクレリバンと目を合わせ意味ありげに軽く微笑んだ。

というのも周囲にはバレないようにしているが、先日クレリバンはフィレンティアに対して仕えると誓い、特別な関係を築いているのである。

クレリバンが私の味方になってくれるなんてと心の中で喜んでいるフィレンティア。少なくとも数年かかると覚悟していただけに、思っていたよりも計画が早く進みそうだと感じているのだった。

スルス家の秘密

一人になったフィレンティアに誰かがドンっとぶつかっきて、彼女は転んでしまう。

ぶつかって来たのはベスティアン・スルスであり、なんと彼は転んでいるフィレンティアのことを睨んでくるではないか。

そんなことする人だと思っていなかったフィレンティアは動揺し、呆然としている。

そこにベスティアンの息子たちギリウとメイロンがやって来て、大丈夫?と言って彼女を起こしてくれる。

私が変なことしちゃったのかな…?と言って戸惑っているフィレンティアだが、ギリウとメイロンがこっそりと秘密を教えてくれた。

どうやらベスティアンはロンバルディのことが嫌いなのだと言う。ロンバルディの人間は馬鹿で腹立たしい者たちばかりだと。

それはスルス家の男たちだけの秘密だと言われているようだ。スルス家の男とはベスティアン、そしてその双子ギリウとメイロンである。

ギリウとメイロンは、フィレンティアは信頼できるからと特別秘密を教えてくれたようで、彼女は誰にも言わないことを約束するのだった。

シャナネットは知っているのか

フィレンティアは食事会の会場に入ると、ベスティアンとシャナネットが夫婦仲良さそうにしている。

そんな姿を見たフィレンティアは疑問に思った。ベスティアンのロンバルディ嫌いをシャナネットは知っているのだろうか。

しかしシャナネットは演技するくらいなら別れるようなはっきりした人であり、おそらくベスティアンの本心を知らないのだろうとフィレンティアは思うのだった。

ベスティアンは婿養子として家門に入ったため、苗字を名乗ることを許されなかったが、公的な場ではいつも自分をベスティアン・ロンバルディと名乗っていた。

フィレンティアの前世ではベスティアンとシャナネットは離婚したが、何か関係があるのかもしれないと思うのだった。

しょうもない奴ら

フィレンティアが食事の席についていると、彼女の所にはブドウが飛んできて、彼女の目の前に転がる。

ふと見るとベレサックとアスタリウが彼女のほうに向かってブドウを投げつけてくるではないか。

そしてアスタリウが、フィレンティアは食事のマナーもなってないみたいだと言うと、周りの大人たちが彼女のほうを見た。

彼女の机にはブドウが転がっており、それを見たビエーゼやセラルは、あんなに礼法がなってないんてと笑ってくる。

自分を笑っている大人たちを見て、あんな奴らが…!とフィレンティアは睨み返し、毅然とした態度をとるのだった。

【35話】感想

まさかベスティアンにこんな一面があるとは…。子供にぶつかって転ばせるなんて普通じゃないですね。

今世でもシャナネットは離婚してしまうのでしょうか。それともフィレンティアによって未来が変わったりするのですかね。

そしてしょうもない嫌がらせをしてくるベレサックやアスタリウと、それを笑って見ている大人たちを懲らしめてやりたいです。

←前回 今回 次回→
第34話 第35話 第36話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ