韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ15話】今世は当主になりますの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「今世は当主になります」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第14話 第15話 第16話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「今世は当主になります」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【15話】ネタバレ

皇后への報告

クロイトンはロンバルディとの取引についてラビニ皇后に報告していた。

ロンバルディの長男ビエーゼよりも三男ギャラハンのほうが博識であり、彼と取引を進めることになったと。

しかしその話にラビニ皇后は不機嫌な様子を見せる。

帝国には長男を相続の基本とする国法があるのに、ロンバルディが後継者争いを奨励するため他の貴族家も真似をしようとしているのだ。

ラビニ皇后には第1皇子の息子アスタナがいて、第2皇子であるペレスのことは卑しい者だと言っている。

ラビニ皇后はそのような自身の状況からも、長男以外を後継者とする考え方が面白くないのだろう。

続けてクロイトンは、ギャラハンの娘としてフィレンティアのこともラビニ皇后に報告した。

ちょうどその日は彼女の息子アスタナがロンバルディを訪れる日であり、帰ってきたら恋人が欲しくないか聞こうかしらとラビニ皇后は不気味に微笑むのだった。

男の子の正体は

ロンバルディの屋敷内でフィレンティアは、メイロンとギリウら双子たちとかくれんぼをしていた。

その最中にたまたま彼女が遭遇した男の子。彼は酷く偉そうな態度をとってくる。彼が落とした帽子を拾えと言ってくるのだ。

そう、彼こそが第1皇子アスタナ・ネレンペ・デュレリーなのである。

フィレンティアも態度や髪色、目の色からそのことに気づいたが、決してひるむことはない。

皇子なら好き勝手やっていいわけ?と不満を感じたフィレンティアは、帽子なら自分で拾いなさいと言ってどっかへ行ってしまう。

そんな彼女の態度に、アスタナは酷く腹を立てた。

彼を探して侍女たちがやって来ると、アスタナは騎士たちを連れて来いと指示する。

ここはロンバルディ家の敷地であり、規則に反することになるが、アスタナはそんなことお構いなしである。

帝国は全て皇帝陛下のもので俺はその後を継ぐ人間だ。

そんな傲慢な態度で騎士を連れてくるように指示し、よくも俺を無視ししたなとフィレンティアのことを恨んでいるのだった。

見たことない騎士たち

アスタナのところからさっさと立ち去った後、フィレンティアはかくれんぼの続きを始め、双子をすぐに見つけてしまった。

もう一回やりたいという彼らに付き合って、次は庭園ではなく屋敷内でやろうというフィレンティア。

アスタナに遭遇してしまわないようにするためである。

しかしふと見ると、建物の中に見たことない服を着た騎士たちがいるではないか。

彼らの服にはロンバルディの紋章はない。

まさかあの第1皇子のバカがロンバルディの屋敷に皇室の騎士を入れたの!?とフィレンティアは驚くのだった。

【15話】感想

ついに皇室側の登場人物も出てきましたね。ラビニ皇后はきっとフィレンティアのことを困らせてくるんだろうなというオーラが溢れています。

フィレンティアは第2皇子のペレスと信頼関係を築きたいと考えているため、衝突するのは必然でしょうか。

ロンバルディと皇室が絡んだこれから繰り広げられる争いがどうなるか注目ですね。

←前回 今回 次回→
第14話 第15話 第16話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ