韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ30話】公女様は休みたいの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「公女様は休みたい」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第29話 第30話 第31話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「公女様は休みたい」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【30話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

ルビアが人気になった理由

ソフィアンのお茶会事件で、ルビアの任期があがったのだと話すビスナー。

ルビアがソフィアンのこと懲らしめたことにより、今まで彼女をよく思っていなかった人たちが支持し始めたのだと。

私のように堂々とした姿に惚れ込んだ学生も多いとミリアが言うと、自分勝手な行動がかえって好感を得てしまうなんて…と気を落とすルビア。

これ以上人数を増やさないようにし、クラブ活動を怠惰にして設立をなかったことにしようと企むのであった。

クラブ活動

あれからというもの。活動場所であるルビアの部屋に通い、お茶を楽しむビスナーたち。

クラブ活動時間以外にも、休み時間や休講日までやって来ており、ルビアは迷惑をしていた。

たまにしか来ない幽霊部員のオルレアンが来ると、気を遣う他のメンバーたち。すると、自分はクラブのメンバーとして瞑想しに来ただけだから、気を遣わなくていいと言うオルレアン。

みなさんは瞑想をしに来るんですか?とオルレアンが尋ねると、尊敬しているルビアに会うために来ているのもあると答えるミリア。

そして、ミュールやビスナーも同じだと答えた。

しばらくして帰るクラブのメンバーたち。オルレアンは去り際に、学生会の仕事でこれからはあまり来れなくなるとルビアに伝えた。

それを聞いたルビアは内心喜んだ。

みんながいなくなると、クラブを設立したことを悔やむルビア。そして、さきほどビスナーと自分が話している時のオルレアンの表情が曇っていたことが気になった。もしかして、注視者の眼で何か見抜いたのだろうか…とルビアは考えるのであった。

春季学術会

翌日。

ビスナー、ミリア、ミュールはまたルビアの部屋にやって来ると、お茶を楽しんでいた。

そして、話は春季学術会のことに。文化芸術クラブのルーサークルも展示や公演など催しをしないといけないのだ。

すると、ミ準備をしているものがあるから見て欲しいとミリアは1冊の本を差し出した。

そこには、演劇「2人の淑女たち」と書かれているのであった。

【30話】感想

オルレアンが不機嫌そうに見えたのは、ルビアと仲良くしているビスナーに嫉妬をしたからなのでしょうか?そして、注視者の眼で見たのはビスナーがルビアを好きだと見抜いたのか、また他の理由があるのか。。

学術会の催しで演劇の脚本を提示したミリアですが、これからおもしろくなりそうですね!

←前回 今回 次回→
第29話 第30話 第31話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ