韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ41話】皇女、反逆者に刻印するの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「皇女、反逆者に刻印する」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第40話 第41話 第42話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「皇女、反逆者に刻印する」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【41話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

魔竜

数百年前。神がこの世を去ると、魔竜が生まれ、この世を混乱させた。

ハーデルラミド帝国はホムンクルスで魔竜に対抗し、その中でも強力で暴悪な魔竜ガラムートを討伐することに成功した。

魔晶石の資源となったガラムートは帝国に貢献し、残っている魔物は錬金術材料に使われるのであった。

大会の始まり

魔物狩大会が始まり、お互いの健闘を祈るミカエリスとシルヴァスティアン。

一方、イヴィエンヌがミカエリスの無事を祈っていると、第8皇女ロゼニットが近づいてきて自信たっぷりにこう言った。シルヴァスティアンが自分のために勝利してくると。

皇族は魔物狩大会に直接参加をせずに、ホムンクルスを勝利の道具として使い、互いに競っているのだ。

イヴィエンヌは彼女を適当にあしらうと、あるテントの中に入って行くのであった。

アナイスの恩人

テントの中で会話をするアナイスやその他の令嬢たち。

アナイスの銭湯事業が大盛況な話で持ち切りであった。温水を作るのに必要な魔晶石の価格が暴騰したのにもかかわらず、どうやって成功を収めたのか1人の令嬢が尋ねると、魔晶石の代わりに周辺のパン屋のかまどの熱を使ってお湯を沸かしたのだとアナイスは答えた。

そして、それはルチアード伯爵家の恩人であり同業者の考案であり、そのおかげで破産を免れたのだと話した。

すると、ちょうどイヴィエンヌが現れると、アナイスは彼女が恩人なのだと令嬢たちに明かすのであった。

アナイスの疑問

アナイスの恩人がイヴィエンヌだと知ると、令嬢たちは驚きを隠せなかった。

イヴィエンヌは前から臣民たちの清潔意識を高めることに関心があったのだと明かすと、アナイスと志を共にすることになったと経緯を話した。

空中監獄の化け物と言われていたミカエリスを刻印し、ビジネスでは銭湯事業まで手を広げ、さらには皇帝の開拓事業まで関与するイヴィエンヌを褒めたたえる令嬢たち。

その話を隣のテントで聞いていた第3皇女ブリジッテは睨みつけているのであった。

イヴィエンヌはアナイスを森に連れ出すと、銭湯事業が無事成功を収めたことに対して労いの言葉をかけた。

アナイスはお礼を言うと同時に、第3皇女ブリジッテの怒りがイヴィエンヌまで及んでいないか心配をした。そして、もしかして殿下は皇太女の座を望んでいるのではないでしょうか?と尋ねるのであった。

【41話】感想

いよいよ待ちに待ったシーズン2が始まりました!ミカエリスとイヴィエンヌの関係が早く進展するといいな~と思います!

←前回 今回 次回→
第40話 第41話 第42話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ