韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ16話】悪女は今日も楽しいの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「悪女は今日も楽しい」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第15話 第16話 第17話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「悪女は今日も楽しい」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【16話】ネタバレ

ティーパーティーへの参加

バイカル侯爵夫人が主催するティーパーティーに参加したレイリン。

彼女はミエルやアシャーら、取り巻きの令嬢たちと同じ席で談笑していた。

話題はミエルが身に着けているネックレスの宝石の話に。

それは最近ロスカン王国で開発されているタンザナイトという新鉱山で採れたものである。

そのような話をしていると、嫌味たらしく話しかけてくる者が。

確かタンザナイトは紫色を帯びているはずですけれど…ミエル嬢のネックレスは青色ですわね!それサファイアじゃありません?

そう言ってクスッと笑いながら話しかけてきたのは、ユエランという令嬢だ。

ユエランの後ろにはアイリスがいて、2人は仲間のようである。

彼女もこの間たまたまタンザナイトを貰ったことがあり、ラベンダーに近い色だったのだとか。

だからミエルの身に着けている青色の宝石を偽物扱いしてきたのだ。

その言葉にミエルはグッと悔しそうな表情を浮かべている。

そんなミエルが恥をかかされている状況に、レイリンが助けに入るのだった。

ミエルを助けるレイリン

そんな生半可な知識で皆を惑わせるなんて…と口を開くレイリン。それはユエランに対する言葉である。

タンザナイトの真の価値はその多色性にあり、青色が濃いほど価値が高いとされているのだ。

実はレイリンは前世でネットで読んだことがあって知っているのである。

そしてその宝石の特徴に基づくと、ユエランは見劣りするタンザナイトを貰ったことになる。

そのことをレイリンは指摘すると、ユエランは反論できずに謝罪するのだった。

そんなことを話しながら、レイリンは原作でのユエランのことを思い出していた。

小説を流し読みしていたため忘れていたが、ユエランはレイリンがアイリスを虐めるたびにアイリスを庇っていた人物なのである。

まだ絡んでくるユエランたち

宝石の件は相手の間違いを指摘し、謝罪させることができた。

今日はゆっくりしたいからさっさと下がって欲しいと思っていたレイリンだが、まだユエランとアイリスは絡んでくる。

ユエランは、レイリンが以前と同じアクセサリーを身につけて来ていることを指摘した。

同じものを二度身に着けるのはレディの恥だと過去にレイリンが言ったことがあり、そこに突っ込んできたわけである。

するとレイリンはその指摘を上手くかわす。

自分が周りの令嬢たちの無駄な贅沢を煽っていた気がしたから、そのような風潮を根絶させようとしたのだと。

まさにそれはアイリスに突き刺さるような言葉だ。彼女はローズマリーのドレスを盗んでまで、レイリンの贅沢の真似をしていたのである。

最終的にはユエランとアイリスが反論できないないくらい言い負かして、レイリンはさっさと立ち去って行く。

アイリスは悔しさで、ギリっと歯を食いしばっているのだった。

複雑な心境

レイリンが席に戻ると、ミエルたちはアイリスとユエランの悪口を言っている。身の程知らずにも程があるわ!と。

しかしレイリンは少し複雑な心境でもあった。

小説でレイリンがアイリスを散々虐めてきたのは事実でだからだ。

アイリスも他人の婚約者と浮気した罪はあるが、そもそも皇太子を権力で縛り付けたのはレイリン側でもある。是非を語るのは難しいところなのだ。

小説でのレイリンのこともアイリスのことも理解できるけどその原因が男だなんて…と彼女は思っていた。

分かんないな…とレイリンが呟いていると、何がです?と話しかけてくる男が。

彼女の前に現われたのはルーカスであり、まさかの人物の登場に、うわ!?とレイリンは声を上げて驚くのだった。

【16話】感想

アイリスの味方的な存在でユエランという令嬢が登場しましたね。いちいち突っかかって来て面倒くさいです。

結局宝石の件も知識不足で間違っており、見事にレイリンに返り討ちにされました。

ただ若干レイリンも複雑な心境みたいですね。それでも悪いのは原作のレイリンであり、今のレイリンは自ら突っかかったり悪さしたりしていないので、負い目を感じる必要はないと思いますが。

そしてパーティー会場に突然現れたルーカス。どんなやり取りが見れるのか楽しみです。

←前回 今回 次回→
第15話 第16話 第17話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ