韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ35話】皇女、反逆者に刻印するの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「皇女、反逆者に刻印する」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第34話 第35話 第36話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「皇女、反逆者に刻印する」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【35話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

選択肢

剣を抜いた専属騎士のリトバーとスノーレットの前に、ミカエリスは鞘に収めたままの剣を持ち立っていた。

この場で大きな怪我を負ってしまったら、下級クラス行きになってしまう。

リトバーは近づいてくると、私もこんなことしたくないけど左腕を失うのがましだろうと言った。

ミカエリスの選択肢は2つ。

このまま手足の1つを失くして、魔晶石採掘場で悲惨な一生を過ごす。

もう1つは、剣を抜いて目の前の危険から脱出し、皇族殺害未遂罪の濡れ衣を着せられ処刑されること。

どっちも最悪だが、まだ2つ目の方が腹いせにはなる。しかし、俺がしたことの責任は皇女に降りかかってしまうのだ。

ミカエリスは剣を地面に放り投げると、左腕を差し出した。

彼は騎士としての行動をすることを選んだのだ。

リトバーが剣を振り下ろそうとしたその時。

救世主

結界を破ってイヴィエンヌが登場した。

彼女はミカエリスを守るように、リトバーの前に立った。

イヴィエンヌがミカエリスの方を見ると、彼はまるですがるような目をしていた。

彼女はかなり危機的な状況の瞬間に来たことを察するのであった。

イヴィエンヌはステファーニャとデレクを睨みつけると、だいたいどんな状況かわかりますねと、冷ややかな表情で吐き捨てた。

彼女らはミカエリスを教育しようとしていただけだと言い訳をするが、ミカエリスの膝の怪我、そして剣を抜いた者との2対1の状況などから、どうせ剣を抜いたら皇族殺害未遂罪の濡れ衣を着せようとしたんでしょ?とイヴィエンヌは言った。

彼女にはお見通しなのであった。

そして、イヴィエンヌはミカエリスに話しかけた。

皇室生活をしながら悟ったことが2つあるという。1つは皇室は波乱の連続で、2つ目はそれを無駄だと思って避けてばかりいては「ダメ」だということ。

イヴィエンヌはミカエリスに命じた。剣を向けた専属騎士2人を制圧するように。ミカエリスはフッと笑うと、剣を抜いた。

そして、イヴィエンヌはお兄さんとお姉さんは私が相手しましょうねと言い、にっこり笑うのであった。

【35話】感想

←前回 今回 次回→
第34話 第35話 第36話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ