韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ52話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第51話 第52話 第53話

>全話ネタバレ一覧はこちら

【52話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

エレズとの再会

キイラは久しぶりにエレズと再会し、2人で食事を共にしていた。

最近の叔母ジョアンナの邸宅を訪れたことや、コゼットのことなどを話すキイラ。

そしてジョアンナ邸でのこともありコゼットが少しは大人しくなるかと思っていたが、バインベルク家から抗議文書が届いたらしい。

パルビスの伝統を受け継ぐことが出来るのは家主の子たちだけであり、キイラはそれを証明されていないと。だからパルビス家における全て職位をから退くべきであるというものだ。

キイラは現在長期休暇中ではあるが、パルビス騎士団の団長職についている。

確かに能力が発現しない限り、実の娘であることを証明することはできない。

回帰する前のキイラは同様に抗議文書が届いたときに大人しく退いたわけだが、今の彼女は違う。

以前には自分を信頼してくれる味方はいなかったが、今はジョゼフや騎士団の仲間たちがいて、今回はもう少し頑張れそうだと彼女は思うのだった。

以前貰った指輪

キイラはその日、以前エレズに貰った指輪を持って来たようで、指輪ケースを取り出す。それは彼女を守ってくれる効力の秘められた特別なものだ。

それを見たエレズは驚いた。なんで身に着けずにケースになんかしまっているんだ!?と。

キイラにとってはゆるかったので失くさないようにと保管していたようだが、どうやらその指輪は身につけないと効力が発揮されないらしい。

するとエレズはそれとなくキイラと手を重ねて、やっぱり大きかったみたいだね…と呟く。

突然手を触れてきた彼の行動に、何でこんな距離感なのよ…!?とキイラは顔を真っ赤にして照れている。急に手を握ってきたり、以前は急に耳元で囁かれたりしたこともあった。

そんな彼女の反応にエレズは少し微笑んでいるようだ。

それからエレズは改めて指輪の説明をする。それをキイラが身に着けていれば、コゼットが”特定の方法で”危害を加えようとしてきた場合に、エレズの首飾りの石に反応があってすぐにキイラの元にワープが出来るのだと。

”特定の方法”が何かをキイラは気にしたが、それはまだ話すことは出来ないという。

そしてエレズ曰く、きっとコゼットが本当の姿を見せるときがやってくるだろうと。だからそのときのために予め備えているのだ。

今の指輪はサイズが合わないため、また直して送るとエレズは言う。

するとキイラは、指輪以外にも可能なら耳飾りのほうがいいなと言った。たまに剣を握ることがあるから彼女にとって指輪は邪魔になるのだ。

その言葉を聞いたエレズがふとキイラの耳に触れると、また彼女は顔を真っ赤にして照れるのだった。

ジョゼフのもとに

パルビス家の訓練場でのこと。

ジョゼフは騎士団員たちの剣の練習を見守っていた。

その時彼に声をかけてくる者が。それはコゼットである。

ジョゼフ卿!お話ししたいことがあるんだけど、お時間よろしいかしら?

彼女はそのように話しかけてくるのだった。

【52話】感想

エレズはちょっとプレイボーイ気質なところがありそうです。急にキイラの手を握ったり耳を触ってみたり、そのたびにキイラは照れているようですね。2人がちょっといい関係になったりとかはないのでしょうかね?笑

またエレズの言う”特別な方法”が何なのかは明かされず。気になりますね。コゼットがキイラに危害を加える方法に関してなわけですが、エレズは一体何をどこまで知っているのでしょうか。

そしてジョゼフの前に現われるコゼット。ジョゼフはキイラと強い信頼関係で結ばれているので何を吹き込まれても大丈夫だと信じたいですが、やっぱりコゼットは不気味ですね。

←前回 今回 次回→
第51話 第52話 第53話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ