韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ6話】花は舞い風は歌うの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「花は舞い風は歌う」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第5話 第6話 第7話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「花は舞い風は歌う」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【6話】ネタバレ

嫌な相手との遭遇

エルセラはビセンテと一緒に出掛けた先で、カルテン公爵夫人と遭遇してしまった。

ビセンテとのデートが台無しよ!と心の中で思いながらも、笑顔で挨拶を交わす。

そしてカルテン公爵夫人は娘オリビアと一緒に来ていたようで、彼女もまた名前を名乗って挨拶をしてきた。どうやらオリビアは成人祝いにサファイアブルーのネックレスを買ってもらったのだと。

そしてオリビアはビセンテに対し、初めてお会いしますわよね?と笑顔で言い、手を差し出す。

しかしビセンテは無表情のまま、その通りですカルテン嬢…と一言。

ビセンテの不愛想な対応により少し相手も動揺したようで、早目に立ち去って行くのだった。

それからカルテン公爵夫人と娘オリビアは、お店から帰る馬車の中でビセンテの話をしていた。

オリビアは彼の素っ気ない態度など気にしていないようで、ベルンハルト卿を成人祝いにいただけますでしょうか?と母に言う。

母も、その件は任せておきなさいと答えるのだった。

宝石店では何も買わず

エルセラが目当てだったサファイアブルーの宝石はすでにカルテン公爵夫人に買われてしまった。

他の宝石は似たり寄ったりだしと思い、何も買わずに店を後にしようとする。

退店するエルセラたちに、店員が話しかけてきて、どうやら最近この都で失踪事件が相次いでいるのだと。4名ほどが行方不明になって大半が女性とのことで、公爵夫人も気を付けてくださいと用心を促されるのだった。

それから店を出たエルセラはビセンテの手を引こうとするが、ハッとしてその手を離し、嫌だったわよね?言う。

ビセンテは別に気にしていないと答えた。それよりも欲しかったものが買えなかったのでは?と気にしているようだ。

息子が自分のことを考えてくれたことに、エルセラは喜びを感じるのだった。

それから2人は帰るにはまだ早いから、本屋にでも寄ることに。

本屋へ向かう途中、ビセンテは自分の手を見ていた。さっき母に手を掴まれた感触を思い出し、ギュッと自分の手を握るのだった。

本屋で

本屋に到着したエルセラとビセンテ。

何か読みたい本があれば買って帰りましょうと言い、2人は別行動に。

エルセラが本棚を見まわしていると、そこには「ルーデンシア王国建国神話」という本を見つける。

小さい頃に何度も読んだ本だと思い、彼女はそれを手に取って読んでいた。

すると彼女の背後から近づいてくる男が。

ルーデンシア新語がお分かりになるのですねと彼は話しかけてくる。その言語を読める人は少ないから驚きましたと。

エルセラが振り返ると、そこには好青年がいて、あなたは…?と聞き返すのだった。

【6話】感想

カルテン公爵夫人も嫌ですが、オリビアも何か嫌な感じがしますね。絶対にビセンテと結婚しないでほしい!笑

私に任せなさいと母親が言っていましたが、そんなに向こうの意向で結婚を決めれるものなのですかね。ベルンハルト家側、特にハルゼンが簡単に受け入れるかはわかりませんし…。

最後にエルセラに話しかけてきた男。一体何者!?宝石店で失踪事件が相次いでいると店員が話していたので、なんか関係があるような気がしてしまいますね。

←前回 今回 次回→
第5話 第6話 第7話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ