韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ36話】ジャンル、変えさせて頂きます!の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「ジャンル、変えさせて頂きます!」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第35話 第36話 第37話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「ジャンル、変えさせて頂きます!」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【36話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

リューディガー対フランツ

フランツがユディットに強制的に交際を迫っていたところ、そこにはリューディガーが現れてユディットを守るように彼の前に立ちはだかった。

私は本気でマイバウム夫人に惚れて…!とフランツが言いかけると、それを遮るように、彼女に近づかないよう警告したはずだが!とリューディガーは答える。もし不満なら決闘の申し込みをして来いととも。

決闘という言葉が出るとフランツは少したじろぎ、こんな状況なので帰りますねと言って部屋を出て行こうとする。

部屋を立ち去る前にフランツは、今日のプロポーズは依然として有効なので気が変わればいつでも訪ねてきてくださいとユディットに対して言い残し、その場を後にするのだった。

とりあえず緊迫した状況を乗り越えて、席にペタンと座り込むユディット。

するとフランツの座っていた席に、そのままリューディガーが着席するではないか。

ユディットからしたら目の前の相手が変わっただけで、ティータイムがそのまま再開されるのだった。

ティータイム再開

ユディットとリューディガーが席に座りティータイムが再開する。

そのときぶるぶると震えてい怯えていたローラが、ごめんなさい!奥様!と突然謝りだす。

何のことだか分からないユディットだが、どうやらローラはリューディガーからある指示を受けていたようだ。

それは、もしフランツがユディットに接触して来たらすぐに報告するようにというもの。

しかしいくらなんでも一挙手一投足を全て報告するわけにもいかないと思ったローラは、今回フランツと会うことを黙っていたと言う。

結果的に嫌がるユディットにフランツが強制的に交際を迫る形となり、こんなことになったのは自分のせいですとローラは自らを責めたのだ。自分が言われた通りにリューディガーに報告していたらこんなことにはならなかったと。

泣き崩れるローラを見て、まさかリューディガーが怖いのかなと思ったユディットは、命令に背いたからといってローラを追い出したりしないでくださいと彼に言う。

すると、なぜ私がユディットさんのメイドを追い出すのですか?と彼は全くそのつもりなどなかった様子。

何かあるとすぐにメイドを総入れ替えすると言っていたじゃないか!とユディットは心の中で思い、リューディガーのことが全く読めないのだった。

リューディガーの質問攻め

ローラも泣き止み、リューディガーのユディットへの質問攻めが始まる。

まずは、フランツが何を提案して来たかということ。

ユディットは少し口ごもりながらも、結婚を前提に交際を迫られました…と答える。

するとリューディガーは、その提案を断ったのかということを気にする。

当然断りました!とユディットが焦りながら答えると、彼は少し安心した表情を浮かべた。

これで尋問はおしまいねと一安心したユディットだが、彼の取り調べはまだ終わらないようである。

断った理由は相手がフランツだからですか?それとも結婚の考えがまだないからですか?

リューディガーはそのように言い、彼の質問攻めはまだ続くのだった。

【36話】感想

リューディガーの登場にフランツは少したじろいでいる感じもありましたね。小説のメインの悪役ということですが、やっぱり小物感が否めないところです。

まだプロポーズは有効だから気が変わればとユディットに言い残して出て行きましたが、潔く諦めて欲しいものです。

フランツが帰ってひとまず状況は落ち着いたかと思われましたが、今度はリューディガーからの質問攻め。ユディットはくたくたでしょうね。笑

←前回 今回 次回→
第35話 第36話 第37話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ