韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ35話】ジャンル、変えさせて頂きます!の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「ジャンル、変えさせて頂きます!」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第34話 第35話 第36話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「ジャンル、変えさせて頂きます!」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【35話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

突然のプロポーズ

ユディットはフランツとティータイムを過ごしていると、突然彼からプロポーズされてしまった。

私と真剣に交際してもらえませんか。私は結婚まで考えています!

そのような言葉を言ってくるフランツにユディットは戸惑い、周りにいるメイドたちも突然の出来事に驚愕している。

どんな魂胆があるのだろうかとユディットは頭を悩ませた。彼女の推測では、鉄道敷設権に付随する王室との条件を満たすためにフランツは結婚せずにいたはずなのだ。

それなのに、よりにもよって自分に対して結婚を見越した交際を申し出てきたのである。

しばらく頭を悩ませたユディットはハッとし、あることに気づく。鉄道敷設権の有効期限は50年間であり、それは今からだと残り15年だ。

15年後でもフランツはまだ40代。つまりユディットと結婚してルカの父親としての立場を確保し、そして15年経ってからルカに手をかけようという考えなのだろう。

そう考えればフランツの宴会での言動にも説明つく。彼はルカがいつ家門に籍を入れるのかを気にして公爵に質問していた。ユディットにプロポーズするならば、その前にルカが確実にヴィンターバルト家の所属になるという確信が必要だったのである。

フランツにとってユディットは、”ルカ・マイバウムの母”ではなく”ヴィンターバルト後継者の母”であってこそ意味があるのだ。

ユディットの答えは

フランツの企みに気づいたユディットは、当然彼のプロポーズを拒否した。今日のティータイムもただの親族間の親睦でしかないと言い、それ以上距離を詰められることを拒むユディット。

それでも強引に交際を進めようとしてくるフランツに対し、ユディットはリューディガーの名前を出した。困ったことがあればリューディガーに頼ることが出来るから、わざわざあなたに助力を求めることはないと。

すると、フランツはリューディガーのことを悪く言う。あいつは親切そうに見えるが冷たい人間。だから信じてはダメだと言って彼の評価を落とそうとした。

しかし当然そんな話でユディットの気が変わることなどない。

それからフランツはグイっと彼女の手を掴み、一歩ずつ歩み寄ればいいじゃないですか!と自分勝手に話を進めようとしてくる。

やめて…!!とユディットが叫ぶと、突然バンッと部屋のドアが開く。ちょうどリューディガーがそこにやって来たのだった。

リューディガー登場

リューディガーは部屋に入るや否や、険しい表情でユディットたちのもとへ向かう。

そして彼女の腕をグッと掴んでいるフランツの手を、バチンと棒で叩いた。

彼の攻撃にフランツは尻もちをつき、ティータイムに押しかけてきていきなり棒を振り回すなんて…!と言ってくる。

しかしリューディガーは険しい表情を浮かべてフランツのことを睨みつける。

フランツ・バーケンレース、私が警告したはずだ。ユディットさんには近づくなと。

彼はそのように言い、ユディットを守るようにフランツの前に立ちはだかるのだった。

【35話】感想

フランツは本当に煩わしい男ですね。やろうとしていることが卑怯ですし、ヴィンターバルト後継者の座に執着しすぎているところもゾッとしてしまいます。

強引に交際を進めようとしてくるフランツでしたが、ちょうどそこにリューディガーして助けてくれました。フランツの存在もあって、リューディガーのカッコよさが際立ちますね。

敵対する者同士の直接対面ですが、この場は無事収まるのでしょうかね。続きが気になります。

←前回 今回 次回→
第34話 第35話 第36話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ