韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ33話】ジャンル、変えさせて頂きます!の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「ジャンル、変えさせて頂きます!」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第32話 第33話 第34話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「ジャンル、変えさせて頂きます!」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【33話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

ユディットは特別か

傍系との宴会は終わり、ユディットはリューディガーに部屋まで送ってもらった。

別れ際にリューディガーは気になっていたことがあるようで、ユディットに質問する。なぜ今日の宴会の場で傍系の者たちに散々馬鹿にされたにも関わらずそのままにしておくのかと。

するとユディットは逆に、不思議ですねと言い出した。リューディガーこそ他人には興味がない性格なはずなのに、ユディットには凄く気にかけているのである。

なぜそこまで私のことを気にかけてくれるのか不思議なんですと。

そんなユディットの言葉を聞いて、リューディガーはハッとした表情を浮かべる。そして少しの間頭を悩ませ、やっとわかりました!と言い出した。気にしていたのは私の方だったんですねと。

これまでリューディガーは他人に興味が無かったはずが、ユディットのこととなると話が変わるのだと。その事実に彼自身も今初めて気づいたようだ。

口を挟まずにはいられないほどあなたのことが気になるようですと言い残し、リューディガーも自分の部屋に帰っていく。

ユディットはその言葉に戸惑いながらも頬を赤らめて照れている。立ち去るリューディガーの後ろ姿を見ながら、彼女はしばらく立ち尽くしているのだった。

一人ベッドで

その夜、ユディットはベッドで一人考えていた。

彼は私のことが気になっているということ?なぜ?まさか私を本当に…!

そんなことを思いながら色んな考えを巡らせるユディット。

しかしリューディガーは間違いなく非婚主義であるはず。もし自分が彼のことを好きだとバレなければ、少なくともルカの保護者として今のようにずっとそばにいることが出来るかもしれない。

そのような消極的な考えに至り、彼女は自分のことを情けないと感じるのだった。

ルカの忠告

翌日になりユディットは、フランツ・バーケンレースとは絶対に会うなとルカから口酸っぱく言われていた。

間抜けなところに付けこまれるから声をかけられても無視をするようにと。

宴会は昨日の夜に終わったが、まだ傍系の者たちはまだ帰らずに屋敷内に残っている者が多い。だからフランツにもうっかり遭遇する可能性もあるのだ。

それを想定してルカが忠告しているのだろうが、そんな彼の忠告とはうらはらに、ユディットとしては一度は会ったほうが良いのではと考えていた。

フランツは小説における悪役。どういう魂胆で動いているのか探ってみたいと思っているのだ。そうすればルカを守ることにも役立つはずであると。

そのようなことを考えていると、公爵夫人のソフィアがユディットと一緒に食事を従っているという報告が、ローラから伝えられるのであった。

廊下で遭遇したのは

ソフィアからの誘いで一緒に食事をとることになったユディットは、食堂に向かっていた。

できれば傍系の者たちとは会いたくないと考えながら廊下を歩くユディット。ソフィアとの食事も傍系の者が参加しないというから快く承諾したのである。

そんなことを考えていると、廊下でフランツ・バーケンレースと遭遇するではないか。

フランツは笑顔で話しかけてきて、ユディットも少し牽制するような感じながらも挨拶を交わす。

そしてフランツは、せっかくだからお茶でもどうですかと誘ってきた。

今から公爵夫人と食事をする予定だからとユディットが断ると、それならば明日の午後のティータイムにでもともう一度誘ってくる。

ユディットはその提案に応じることに。

犬の皮を被ったオオカミ…。悪いけどこちらもむざむざと餌食にはならないよ。

彼女はそのように思っているのだった。

【33話】感想

リューディガーにとってユディットはやはり特別な存在のようですね。基本的に他人には無関心なのに、彼女にだけは気にかけてしまうという。

それが恋愛感情というものなのかどうかについては、気になるところですが触れられていませんでした。まあ物語的には恋愛感情であってほしいところです。笑

またフランツと接触するなとユディットに忠告していたルカが少し気になりましたね。それは何か事情を知っているからのような気がします。一体ルカは何を知っているのでしょうか。

そしてルカの忠告もむなしく、ユディットはフランツとティータイムを過ごす約束をしてしまいました。彼が何を企んでいるのかも注目したいところです。

←前回 今回 次回→
第32話 第33話 第34話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ