韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ12話】ジャンル、変えさせて頂きます!の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「ジャンル、変えさせて頂きます!」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第11話 第12話 第13話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「ジャンル、変えさせて頂きます!」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【12話】ネタバレ

ユディットの胃もたれ

汽車の中でユディットは胃もたれを起こしていた。というのも彼女は食事中ずっと緊張していたため。

小説の内容で知っていた暗殺者の存在だが、登場する時刻までは分からず、食事中であることだけ書かれていたのだ。

そのため食事のたびに緊張して胃がもたれたようである。

そんな彼女のことをルカが心配するが、彼女は大丈夫よと言って自分の親指と人差し指の間をグッと指圧した。それは胃もたれを楽にできる民間療法なのだとか。

彼女の指圧を見たリューディガーは、ここですか?と言ってグッと押してあげるが、あまりの痛さにユディットは悶絶した。胃もたれしたときには特に押すと痛い場所なのだ。

リューディガーの力の強さはかなりのものだったようだ。

しかしそれが効いたのか少し気持ち良くなるユディット。せっかくなので…と言って続けて指圧をお願いしようとすると、間にルカが入ってくる。

リューディガーではなく自分がユディットの世話をしてあげたいという感じだが、如何せん子供の手は小さく、力が弱すぎて気持ち良くはない。

せっかくのルカの優しさを蔑ろにしてしまい、ユディットも申し訳なさそうだ。

慣れない身分制の社会

結局力の強いリューディガーが指圧マッサージをしてあげることになるのだった。

途中乗務員の者が食事について尋ねてくると、ユディットは体調が悪いからと彼女の分はスープだけを用意するようにとリューディガーは命じた。

乗務員のほうを振り向くこともなく命令する彼を見て、貴族としての彼がたまに別人のように思えるとユディットは感じた。

命令することに慣れている貴族の彼と、今自分の手を一生懸命揉んでくれている彼。本当に同一人物なのか彼女は疑問さえ感じる。

本来ならさっきの乗務員とユディットの身分はほとんど同じようなものだが、自分がルカの叔母だからこのように特別に扱ってくれているのだろうと彼女は思った。

私はただ人の好意で少しこの世界に足を踏み入れただけ。変な間違いを起こさぬよう身の程をわきまえなきゃ!

ユディットはそのように思い、慣れない身分制の社会に少し疲れているようだ。

それからリューディガーの指圧マッサージが効いてきたのか、彼女はそのまま気持ちよくなって眠りにつくのだった。

【12話】感想

今回は胃もたれで具合が悪そうにするユディットを、ルカとリューディガーが助けてくれようとするお話でした。2人とも優しいですね。

そして両者とも未だにつかみどころがないというか。ユディットのことは大切にしてくれてるということだけは明確にありそうですが、なんだかリューディガーには冷酷さも感じられ、ルカも何考えてるか分からない感じがあったりしますね。

これからユディットが彼らとどういう関係を築いて行けるのか楽しみなところです。

←前回 今回 次回→
第11話 第12話 第13話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ