韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ10話】ジャンル、変えさせて頂きます!の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「ジャンル、変えさせて頂きます!」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第9話 第10話 第11話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「ジャンル、変えさせて頂きます!」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【10話】ネタバレ

文字は読めないはず

文字を読めないはずのルカが新聞を読んでいる姿を見て、ユディットは疑問に思った。

いつから文字が読めるようになったの?と彼女が聞くと、ルカはなぜだかドキッとしながら、文字くらい読めるよ…と答えた。

ユディットの記憶ではまだ彼は文字を読めないはずであり、小説でもヴィンターバルト家で文字を学ぶエピソードがあったはずである。

試しに読んでみてとユディットが言うと、彼はたどたどしい様子ながら書かれている内容を声に出して読み上げた。

その内容は新聞らしからぬゴシップであり、驚いたユディットが自分の目で読んでみると、たしかにヴィンターバルト家に関するゴシップが掲載されている。どうやらそれはただのゴシップ誌だったようだ。

子供がこんなものを読んだらだめだと言ってユディットは絵本を渡し、ルカは不満そうながらも仕方なくそれを読むことに。

一方のユディットはさっきのゴシップの内容が気になるらしく、こっそりと続きを読み始めるのだった。

ゴシップ誌によると

そのゴシップ誌によると、ヴィンターバルト家長男のヨナス・ビューロー伯爵は不慮の事故で亡くなり、弟のリューディガー・ザクセン子爵がヴィンターバルト家を継ぐことになったのだと。

ただ鉄道敷設権に関する王家との契約がそれをややこしくしているという。

この世界で鉄道が走り始めたのは最近の事であり、王家は鉄道敷設権を限定的に付与。その権利を価値ったのがヴィンターバルト家なのである。

鉄道敷設権の付与にあたり、現ヴィンターバルト公爵マクシミリアンとヴァネッサ王女の結婚と、そしてヴィンターバルト家の後継者は王家の血を受け継いでいくことという条件が盛り込まれた。

しかしヴァネッサ王女はヨナスを出産後に産褥熱で他界。その後ヴァネッサ王女のメイドであったソフィアが公爵夫人となり、リューディガーが生まれたのである。

リューディガーには王家の血が流れておらず、王族の血を引くのはヨナスの子供であるルカ1人である。

ヴィンターバルト公爵が後妻を迎えるのか、それともリューディガーが王族と結婚するのかという内容が書かれていた。

そして第2王女ま未婚であり、日ごろ軍人として首都で働いていたリューディガーと親しいとも。

そんな内容のゴシップ誌を、ユディットは食いつくように読んでいるのだった。

私に聞いてみたら?

ユディットがゴシップ誌を食いつくように読んでいると、ルカがそれをパッと奪い取ってしまう。僕には読むなって言ったくせに…と納得いかないようだ。

彼はそのままゴシップ誌を手に持って席を離れてどこかへ行ってしまった。

それから2人きりになっリューディガーとユディット。

さっきまで食いつくようにゴシップ誌を読んでいたユディットに対し、そんなものに書かれている話は上辺だけの作り話ですよとリューディガーは言う。

そして、いっそ私に聞いたらいかがです?と。

するとユディットは嬉しそうな表情を浮かべ、王族との結婚の話はどうなっておられるのですか?と質問した。

しかしその質問にリューディガーの表情は険しくなる。

そんな彼の表情を見たユディットは、あなたが自分に聞けって言ったんでしょ!と思い、動揺するのだった。

【10話】感想

ゴシップ誌に書かれていた内容の説明が結構多かったですが、だんだん登場人物の相関関係が見えてきました。

ルカの父ヨナスは、ヴァネッサ王女の子供。そしてヨナスの腹違いの弟リューディガーは、ヴァネッサ王女のメイドのソフィアの子供。

また今回触れられていませんが、ルカの母ラリサの妹がユディットです。

結局ルカを育てようとしているのが叔父リューディガーと叔母ユディットというわけですね。中々複雑な相関図になので、頭に入らないうちは混乱しちゃいそうな気がします…。

←前回 今回 次回→
第9話 第10話 第11話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ