韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ7話】不細工の公女になりましたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「不細工の公女になりました」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第6話 第7話 第8話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「不細工の公女になりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【7話】ネタバレ

最年少騎士団長になる少年

シルビアが街で助けた少年、それはテーヴ・ヒドルトンであった。

テーヴは将来、皇太子の護衛騎士となり最年少騎士団長になる少年である。

18歳で皇室騎士団へ入団、たった1年で第2騎士団長の座を掴み、周囲に衝撃を与えることになるのである。

以前のシルビアの記憶から、彼女は彼がテーヴであることを認識したのだ。

買い物帰りにこんな天才騎士を拾うとはと彼女は驚く。

それと同時にちょうど護衛騎士を探そうとしていたところであり、幸運なめぐり逢いをシルビアは喜ぶのだった。

記憶の中のテーヴ

テーヴからしたらシルビアのことなど知る由もないし、なぜ自分の名前を知っているのか疑問に感じた。

お前は誰だ?とテーヴが聞いて来るが、シルビアは考え事をしていて、質問を聞いていない。

彼女は目の前のテーヴと、記憶の中のテーヴを比べていたのだ。

彼はシルビアよりも1歳年上だが、目の前の彼はやせていて自分とほとんど体格が変わらない。記憶の中のテーヴは身長2メートルの巨漢である。

逆算するとこれから毎年8センチ伸びるのだろう思い、成長する彼を想像してニヤニヤとシルビアは笑っている。

おい!俺を無視するつもりか!?とテーヴが声を荒らげると、シルビアはなんだか彼が猫っぽいと感じ、私が飼っていた猫に似てると言い出した。

その猫の名前はテーヴだったけど…まさかあなたの名前もテーヴなの?と無理やりな理由を繰り出す。

そしてシルビアは、テーヴのことを雇いたいと言うのだった。

貴族に仕えるか

突然雇いたいと言われて戸惑うテーヴ。

しかしアトランテ公爵の長女あることを聞き、彼は少し前向きに考え始めたようだ。

なんで俺を雇いたいんだ?と聞くと、猫に似てるところが気に入ったのと彼女は答える。

そんなわけのわからない理由にテーヴはますます戸惑うも、自分みたいな下層民からしたら一世一代の幸運だと思った。

貴族に仕えるなら給料やそれ以外にも色々もらえるはずだと。消耗品扱いされる可能性もあるが、ここでの地獄のような生活よりはましだと考えたのだ。

そしてテーヴは雇われることを了承した。

その返事にシルビアは微笑み、これからよろしくねテーヴ!と言うのだった。

【7話】感想

テーヴはどうやら将来大物になる人物のようですね。まあビジュアル的にも重要キャラになりそうな気はしました。イケメンなので。笑

護衛騎士を探そうとしていたシルビアにとっては願ってもない出会いでしょうね。今後のテーヴの活躍と、2人の関係が気になります。

今回 次回→
第6話 第7話 第8話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ