韓国漫画ネタバレ

【63話】不細工の公女になりましたのネタバレを含む感想と考察!

ピッコマで公開されている「不細工の公女になりました」の感想と考察になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第62話 第63話 第64話

>全話まとめ一覧はこちら

「不細工の公女になりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【63話】感想と考察(一部ネタバレを含む)

管理人が作品を読んだ感想と考察になります。

ついに明かされる秘密

今まで隠されていたダニエルの秘密が今回ついに明かされました。

シルビアが情報屋ギルドを訪れ、ギルド長ケンが知っていることを教えてくれるという。

以前第34話であった話だと、狂信徒たちがダニエルの命を狙っているということでしたが、実はダニエルが狂信徒たちを追い回して狩っているらしく。

ちょっと衝撃の展開ですね…。

ただそれには理由があって、母アトランテ公爵夫人が狂信徒たちから呪いをかけられて死と隣り合わせの状態なのだと。

だからその呪いを解く方法を探すことと復讐のために、ダニエルは狂信徒たちを追い回しているみたいです。

初めて明かされる事実ですね…。これまで母が屋敷に不在である理由はほとんど触れられてきませんでしたが、まさかそんな事情があったとは。

シルビアやケードリック、エイリンはその事実を知らされずに、ダニエルは一人母を助けるために戦っていたわけですね!

それなのに家を空けて何をしているんだと責められていたと考えると、ダニエルが気の毒になってしまいます。

それでも家族に対して秘密を貫いていたのは、大切な人を巻き込みたくないというダニエルの優しさなのでしょうね。

ちなみに父アトランテ公爵は知っているのでしょうか…?妻の呪いを知らないはずがないですし、さすがに彼ならダニエルの活動を知っていますよね…?

むしろ父の指示でダニエルが動いていたり?アトランテ公爵の立ち位置が気になるところです。

天使のようなダニエルが…

ギルド長ケンの話によると、普段天使のような人柄のダニエルは、狂信徒たちからしたら無慈悲な殺戮をする悪魔なのだとか。

あんな優しい顔をしているダニエルが殺戮なんてとても想像し難いですが、まあ母に呪いをかけられているのでね…。

それほど憎しみを持つのも当然でしょう。

ちなみにダニエルは表向きには大魔法使いエルラムの弟子として古代遺跡を調査していると言われていますが、それは半分事実で半分嘘のよう。

狂信徒たちが古代遺跡を探し回っているため、奴らと追うためにダニエルは遺跡を巡っているらしいですね。

実際に古代遺跡を巡っているとなると嘘もバレにくそうです。

そうなってくると今度はなぜ狂信徒たちが古代遺跡を探し回っているのかという疑問が浮かんできますが…。真相が気になるところです。

秘密を知ってしまったシルビアは…

兄ダニエルの秘密を知ってしまったシルビアはやはり驚いているようで。

そりゃそうですよね。そもそも母が呪いにかけられているなんてことも知らずに育ってきたわけなので。

隠し事をしている兄に多少なりとも不信感を持っていたと思いますが、少しは考え方が変わるでしょうか?

一人で多くのことを抱え込んでいて、個人的にはダニエルには同情してしまいます。

ちなみに最近悪夢を見るシルビアは、狂信徒について調査を進めることが、この世界でシルビア・アトランテに憑依することになった理由を見つけることにつながるのではないか思っているらしく。

確かにそんな予感はちょっと前からしていました。

これまでの話だと、悪夢に登場する耳の尖った男がシルビアと契約を結んで過去に戻したと言っているので。

かなり規模の大きな話になってきましたね。これからどういう展開になっていくのか楽しみです。

←前回 今回 次回→
第62話 第63話 第64話

>全話まとめ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ