韓国漫画の感想考察(※ネタバレあり)

【ネタバレ7話】暴君の秘書官になりましたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「暴君の秘書官になりました」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第6話 第7話 第8話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「暴君の秘書官になりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【7話】ネタバレ

5年後

ロザリンが秘書官になってから、5年の月日が経過した。

ある夜、デリックとフイは一つベッドの上で過ごしていた。2人は恋人関係のようである。

そして彼らは、陛下とロザリンの間に芽生えかけてた何かはどこへ行ってしまったのか…という話をしている。

この5年間の間ロザリンは休みなく働きづめで、フイは彼女のことを心配しているようだ。

ロザリンは、”血も涙もない仕事の鬼”や”欲のないお人形”、”陛下の影”などと周囲から呼ばれているのである。

このままではロザリンが寂しい人生を送ってしまうとフイは嘆いているのだった。

原作からの変化

一方そのころ遅い時間にも関わらずロザリンは黙々と仕事をしていた。

そしてため息をつきながら、今までの5年間のことを振り返る。

原作とはだいぶ違う展開となり、兄のロイは幸せな家庭を築き、金鉱山詐欺の件も無事に解決。両親は今も元気に過ごしている。

そしてロザリン自身も生きているため、もう家に帰ってもいい頃ではあるが、一つ引っかかることがあった。

それは原作のヒロインが未だに登場していないことである。

小説のヒロインはエラ・ロスパニーという可憐だと描かれていた女性。

本来であれば1年前にカヒルとエラがパーティーで出会い、お互いに一目ぼれするはずだったのだ。それにもかかわらず未だに2人は出会っていない。

もはやロザリンはエラが本当にこの世界に存在するのかさえ疑っている状態である。

とにかくいずれニートライフを送って自分の人生を存分に楽しむには、原作通りパーティーを開催してカヒルとエラをカップル成立させなければいけない。

ロザリンはそのように思っているのだった。

カヒルの執務室へ

次の日。今日から本格的にエラを探さなければと思いながら、ロザリンはカヒルの執務室を訪れた。

カヒルは大のパーティー嫌いであり、説得が必要である。

執務室に入ると彼の機嫌はあまり良くなく、また機嫌が良い時にパーティーの話をしようと思った。

それからロザリンはカヒルに王冠をかぶせようとする。彼は嫌がるものの、引き下がらないロザリンに彼も渋々応じた。

ロザリンがカヒルに王冠をかぶせてあげる2人の様子はお似合いであり、周りの侍女たちは興奮しているのだった。

カヒルはもう暴君ではない

今皇居には貴族たちが訪れて列を成しているという。

その理由はロザリンが貴族たちにある助言をしたため。命が惜しければ罪を自白するようにと。

そんな彼女の仕事ぶりにカヒルは満足そうだ。

そしてロザリンはカヒルが暴君だと言われることが気になっていた。

カヒルは罪を犯した物にそれ相応の罰を与えているだけであり、もはや暴君ではないと彼女は思っていた。原作とはもう違うのだ。

変な噂が広まって良いことはないので、ちゃんと正すべきだというのがロザリンの考えである。

そんあロザリンの意向をカヒルも受け入れ、早速貴族たちの待つ会場へ向かうのだった。

【7話】感想

いきなり5年後は少し驚きましたね。そしてデリックとフイが恋人になっていることにも。笑

もう家族たちが危険にさらされることもないので早く退職して自由な人生を過ごしたいロザリンですが、小説のヒロインが登場していないことが気になっているようです。

果たしてヒロインのエラとはどんな人物なのか。そのうち登場するが楽しみですね。

←前回 今回 次回→
第6話 第7話 第8話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画の感想考察(※ネタバレあり)