韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ5話】悪女を殺しての最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「悪女を殺して」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第4話 第5話 第6話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「悪女を殺して」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【5話】ネタバレ

陛下の呼び出し

陛下に呼び出され、皇宮を訪れたエリス。

陛下はエリスの成人式を皇宮で行うという提案をした。

息子である皇太子が平民のヘレナを大切にし、婚約者であるエリスを軽視している噂が流れており、エリスの父のミジェリアン侯爵の怒りを買っていた。皇帝は成人式を皇宮で行うことにより、この結婚に何の問題がないことを知らしめようとしていたのだ。

エリスがそれを承諾すると、今度は皇太子と親しいヘレナについて話し始める皇帝。彼らが親しくなってしまったのは、皇后がヘレナの母のエンタブロム伯爵夫人を皇太子の乳母として使ったためだと言う。

皇帝は今では優しく見えるが、自分の手で息子を殺すほど恐ろしい人物であった。反逆に加担したと言う証拠もない理由で処刑された最初の皇太子。共に反逆罪に問われていた皇后が生き残れたのは、当時妊娠中だった現在の皇太子アレクトのおかげであった。

皇帝は男の愛よりも地位と権力が大事であると言う。皇太子妃になり皇后になるのはエリスだから安心するようにと。

この言葉は慰めるようにも聞こえるが、エリス・ミジェリアンは必ず皇太子妃にならないといけないという皇室権力の脅しでもあった。

しかし、異邦人であるエリスは死に対する恐怖もなければ、ミジェリアン家門がどうなっても関係ないと思うのであった。

声をかけてきたのは 

皇帝の謁見が終わり、皇宮の外に出たエリス。

すると、何者かに急に肩に手を置かれた。驚いたエリスが思わず突き飛ばしてしまうと、その人物はヘレナであった。彼女は地面に転んでしまい、手に怪我を負ってしまっていた。

こんな幼稚な形で声を掛けようとしてきたヘレナに苛立ったエリス。さらに、ヘレナが皇宮の侍女にもかかわらず自分に敬語を使わないことも、余計にエリスを苛立たせた。

私たちは友達であり親しくなりたいと言うヘレナに、絶交したいと答えるエリス。ヘレナが私が皇太子と親しいから?とがっかりした表情を見せると、エリスはますます腹が立つのであった。

平手打ち

すると、そこに現れた皇太子。

彼はエリスのヘレナに対しての態度や言動に怒っており、婚約なんていくらでも破棄できるのだと吐き捨てた。

そして、皇太子がヘレナが怪我をしたことに気付くと、近くにいた侍女の者がエリスがヘレナを押したことをハッキリと証言した。先にヘレナが不意打ちでエリスの肩を叩いたことは何も言わずに。

その者の証言を聞いた皇太子は、エリスの頬を思いっきり引っぱたいた。そして、私の物を先に傷つけたのだから、私もそなたを傷つけることで公平になると皇太子は吐き捨てるのであった。

【5話】感想

「悪女を殺して」のあらすじによると、皇太子・大神官・勇士の3人は主人公エリスを意識し始めるとありますが、現段階の皇太子はひどいものですね。

今後、小説の展開とは変わってこの3人のうちの誰かとエリスは恋に落ちるのでしょうか。今後が気になります!

←前回 今回 次回→
第4話 第5話 第6話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ