韓国漫画ネタバレ

【61話】お父さん、私この結婚イヤです!のネタバレを含む感想と考察!

ピッコマで公開されている「お父さん、私この結婚イヤです!」の感想と考察になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第60話 第61話 第62話

>全話まとめ一覧はこちら

「お父さん、私この結婚イヤです!」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【61話】感想と考察(一部ネタバレを含む)

管理人が作品を読んだ感想と考察になります。

腹立たしいミハイルの母

今回本格的に登場したミハイルの母ペトリシアが本当に腹立たしかったです。

というのもジュベリアンがクリスティーン令嬢に会うためにメルシャ家を訪れたにも関わらず、待っていたのはペトリシア。

彼女が裏でクリスティーン令嬢を動かしていたのは分かっていましたが、まさか他人の家でジュベリアンのことを待ち受けているとは。

まずそこが図々しいのですが、ジュベリアンがまだミハイルのことを求めていると勘違いしているのも片腹痛いです。

極めつけはジュベリアンの侍女メリリンを殴る始末…。本当に酷いですね。

ペトリシアは侯爵夫人であり、ジュベリアンは公爵令嬢なので、身分が高いのは明らかにジュベリアンなのですが、なぜそんな無礼な態度を取れるのかが不思議です。

まあ以前のジュベリアンがミハイルの気を引こうと必死だったという背景があるので、きっとその時の立場関係のまま勘違いしてしまっているのでしょう。

今のジュベリアンはもう以前とは違いますからね。

さらには後のほうで登場したジゼルも、母ペトリシアに劣らず腹立つ奴でした。さすが親子。ヘセン侯爵家はろくな人がいないものです。

これからスカッとする展開に?

途中までは腹立たしいことばかりでしたが、ここからちょっとスカッとする展開になるかも?と期待しています。

というのもメリリンを殴られたことがきっかけでジュベリアンの雰囲気がピリッとと変わったんですよね。何か決意したような表情にも見えます。

それまではただペトリシアやミハイルなど相手にしないという無関心な態度という感じだったのですが、なんと言うか攻撃態勢に入った感じと言うんですかね?

流れでメルシャ家からヘセン家へ移動することになり、顔を合わせるや否や馴れ馴れしい態度のメルシャに一発ビンタを食らわしていました。笑

この流れだとミハイル本人の登場も待ち遠しいです。

鬱陶しいペトリシアとジゼル、そしてミハイル本人にも一発ずつ食らわして、しっかりと立場をわからせて欲しい。

やっぱりスカッとする展開は楽しいので、次回の話に期待してしまいます。

←前回 今回 次回→
第60話 第61話 第62話

>全話まとめ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ