韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ45話】お父さん、私この結婚イヤです!の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「お父さん、私この結婚イヤです!」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第44話 第45話 第46話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「お父さん、私この結婚イヤです!」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【45話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

記憶にない母親

マクスミリアンが皇居へ帰ろうとする一方で、フロエン公爵の元にも皇帝から入宮の伝令が届いていた。

偶然にも同じタイミングで、2人はそれぞれ皇居へ向かうことになるのだった。

夜、ジュベリアンは夢を見てうなされていた。

彼女の夢に出てきたのは母親。

母親は、これからかくれんぼ遊びをしようと提案してくる。ママが出てくるまでクローゼットに隠れていなさいと。

ジュベリアンは嬉しそうに、お父さんは?お父さんが鬼なの?と聞き返した。

すると突然激昂する母親。その人はお前のパパじゃない!あいつにお前の居場所がバレたらダメだ!その人は怪物だ!

そのように怒鳴りつけてきて、ジュベリアンは震えながら涙を流す。

もし怪物に居場所が見つかったらお前は死ぬだろう…

そんな母親の言葉を最後に、ジュベリアンは目が覚めた。

悪夢から飛び起きたジュベリアンは、冷や汗いっぱいに動揺しており、頭痛にも襲われた。

そして彼女は疑問を感じることもあった。

記憶にもない母親が夢に出てくるなんて…

そのようにジュベリアンは自信の夢を不審に思うのだった。

皇帝の命令

すぐに入宮したフロエン公爵は、皇帝に謁見していた。

皇帝が今回フロエン公爵を呼び出した理由。それは南部に派遣させるためである。

アシェット帝国の南部では、レノックス辺境伯が反逆を起こそうとしているという情報が入ったのだという。

レノックス辺境伯は南部の領土をおさめている優れた戦術家だ。南部の隣国であるラゴンの侵略に備えるために軍隊を整備しているとされているが、その兵力を使って皇帝へ反逆を起こそうと動いているのだと。

そのため、皇帝はフロエン公爵を派遣させて対応しようというのだ。

しかしフロエン公爵はその命令に従うつもりはない。ジュベリアンを一人残して家を空けるにはいかないのだ。

なぜラゴンから帝国を守ってきたレノックス辺境伯を疑うのですか?と根本的なところを問い、どうにか命令を取り下げるほうに誘導しようとするフロエン公爵。

すると皇帝は、彼には君と違って”首輪”がないからだ!と答える。

この首輪がある限り君は私の味方になるしかないだろう。そう言って皇帝は指輪をちらつかせ、ニヤッと不気味に笑う。

フロエン公爵は皇帝に弱みを握られており、皇帝が身に着けている指輪が関係しているようである。

逆に言えば皇帝は、首輪をつけているフロエン公爵以外の者は裏切る可能性があると考えており、そのためレノックス辺境伯にも疑いを向けているのだ。

できれば全員に首輪を埋めてやりたいんだがねと言って笑みを浮かべている皇帝を見て、フロエン公爵は尋常じゃない不快感を感じた。

ズタズタに切り裂いて殺すぞ!と心の中では思ったものの、今そうするわけにはいかない。全ては愛する娘ジュベリアンのためである。

自分に付けられた首輪を切って思いっきりジュベリアンを愛する自由が手に入ったら…

フロエン公爵がそのようなことを思っていると、そこにマクスミリアンが現れるのだった。

皇帝と皇太子の再会

マクスミリアンの登場に皇帝は驚いた。

皇居に帰ってこいと伝令を出した時には来なかったのに、突然自ら姿を現したためだ。

当然皇帝は喜んで歓迎する雰囲気ではなく、一方のマクスミリアンも厳しい目つきで皇帝を睨みつける。

するとマクスミリアンの気迫に押されたのか、少し皇帝は動揺した様子だ。幼い頃は私と目も合わせられなかったのにあんなに殺気立って育つとは…と。

もしフロエン公爵を南部に送ってしまったら、その間にマクスミリアンが何をしてくるか分からないと思い、皇帝は少し震えている。

皇帝に強気な態度で詰め寄るマクスミリアンだが、そんな彼の前にはフロエン公爵が立ちはだかった。あくまでも皇帝を守護するという役割を全うしているのである。

そんな2人の様子を見て、やはりマクスミリアンを牽制するにはフロエン公爵を傍に置いておくしかないと皇帝は考え、南部は他の者に行かせることにするのだった。

そのころ皇后は

マクスミリアンが皇居に戻って来たという情報は、現皇后のイザベラスティ・アシェットの耳に届き、彼女は酷く憤っている。

なぜこのような状況になる前にどうにかできなかったのかと。

マクスミリアンが帰って来たことが皇后にとっては不都合なようである。

怒りに任せて使用人に当たり散らしていると、そこに皇女である彼女の娘が現れた。

落ち着いてください、お母様!と話しかけ、帰って来たマクスミリアンに歓迎の挨拶をしたいと言う皇女。

ただし、誰も彼を歓迎できないようにです…と言って、不敵な笑みを浮かべるのだった。

【45話】感想

フロエン公爵が皇帝に握られている弱みが何なのか気になります。まだ具体的には明かされていませんが、とりあえず皇帝のつけている指輪が関係しているようですね。

南部に行かされることになりそうでしたが、マクスミリアンの登場により状況は変わり、皇帝はフロエン公爵を傍に置いておくことに。

もしそれが皇帝を思い通りにさせないためのマクスミリアンの作戦通りだとしたらナイスすぎますが…。たまたまですかね?笑

何はともあれ、フロエン公爵がジュベリアンと離ればなれにさせられずに良かったです。

そしてマクスミリアンのことを酷く嫌っている現皇后も登場しました。彼女はマクスミリアンの母が死んだ黒幕でもあると以前語られていました。前皇后の死は現皇后の策略だったというのはよくありそうな話です…。

お互い憎み合う敵同士というわけですね。ここの関係もどうなっていくか注目したいです。

←前回 今回 次回→
第44話 第45話 第46話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ