韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ16話】お父さん、私この結婚イヤです!の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「お父さん、私この結婚イヤです!」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第15話 第16話 第17話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「お父さん、私この結婚イヤです!」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【16話】ネタバレ

父への手紙

ジュベリアンが体調が悪いと言って部屋から出てこないという報告を受けたフロエン公爵はこう思った。

そうだな、このくらいなら…マクスのためのつまらない芝居は十分だ。

そう思い、すぐに皇帝に謁見しに行くのだった。

フロエン邸では、ジュベリアンが父にプレゼントと一緒に渡す手紙を書いていた。

しかし普段ギクシャクしていると感じているジュベリアンにとっては簡単なものではなかった。

うまくかけず手紙をグシャッとするジュベリアンを見て、品物だけでも喜ぶだろうけどなぁと思うマクスミリアン。

ジュベリアンは、普段うちのお父さんとどんな話するんですか?とマクスミリアンに聞く。

彼が思い返してみると、フロエン公爵との会話は娘ジュベリアンの自慢話ばかりだが、そんなこと言いづらいマクスミリアンは適当に誤魔化した。

1時間が経過し、やっと書き終えたジュベリアンの父への手紙はほぼ反省文であった。ペンダントを返すことを謝罪する内容がメインである。

それは手紙じゃない…とマクスミリアンが思うが、ジュベリアンは満足そうにしており、置手紙をするため執務室に向かうのだった。

まだその時ではない

アシェット帝国の皇宮謁見室で、フロエン公爵は皇帝の元を訪れていた。

スパイを見つけ出せと命じてからすでに4日目なのになぜ何の報告もないのだ?と皇帝は怒り気味である。

あのドブ鼠を早く捕まえろ!!と皇帝は声を荒らげた。

マクスミリアンが娘のジュベリアンを鼠と呼んだことを思い出し、因果応報だなと思うフロエン公爵。

フロエン公爵は、皇帝の暗殺騒ぎがマクスミリアンの仕業であることはとっくに分かっていた。それはおそらくフロエン公爵と皇帝の衝突を狙ったものであろう。

マクスミリアンはフロエン公爵に、あんな臆病者にビビってるんですか?と言ってきたことがある。臆病者とは皇帝のことだ。

しかし彼はビビっているわけではないようだ。

皇帝を切らないのはまだその時ではないからだ!と思い、ギロッと皇帝を睨むフロエン公爵。

皇帝はビクッとして少し怖気づいた様子である。

フロエン公爵は彼らがこれ以上攻めてこないはずだと主張した。

それは皇宮の警戒を厳しく立て直し、また相手も人目がつく状況で危険な賭けは出来ないからだと。

淡々とそのように話すフロエン公爵に対し、皇帝は苛立っているようだ。

まだ不安だからもう何日かは滞在してくれという皇帝に、もう1日滞在しますとフロエン公爵は返事をする。

その対応に、日を追うごとに生意気になって来た!と皇帝は感じた。

そして弱みに反応しなくなって久しいから新しい首輪をつけてやろうと考えた。

皇位を譲ると言いくるめて皇太子を呼び戻す。奴を牽制する「馬」となる条件を付けるのだ。

皇帝はそう考えるのだった。

執務室で見つけたもの

手紙とプレゼントを置くため、執務室に向かうジュベリアン。

執務室に入った彼女は、さっさと置いて行こうと思ったが、机の上にある書類が目に入ってしまう。

そこにはお見合いリストなるものが置いてあり、そこにはマクスミリアン・カセイン・アシェットという名前が。

それを見た途端に手に持っていたペンダントやカフスボタンをガチャンと落としてしまうジュベリアン。

どうして…と思い彼女はブルブルと震えだした。

どうして皇太子の名前がここに乗ってるの?まさか…私を…皇太子と結婚させるつもりなの!?

ジュベリアンはそう思いショックを受けるのだった。

【16話】感想

皇帝とフロエン公爵が話し合ってる場面はヒリヒリしましたね。まだ皇帝を切るタイミングではないと考えているフロエン公爵ですが、一体いつがそのタイミングなのか。何か計画があるのでしょうか。

また執務室に入ったジュベリアンは見ないほうがよいものを見つけてしまいましたね。それを見てしまったジュベリアンですが、一体どういうアクションを起こすのでしょうか。

←前回 今回 次回→
第15話 第16話 第17話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ