韓国漫画の感想考察(※ネタバレあり)

【75話】捨てたゴミは二度と拾いませんのネタバレを含む感想と考察!

ピッコマで公開されている「捨てたゴミは二度と拾いません」の感想と考察になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第74話 第75話 第76話

>全話まとめ一覧はこちら

「捨てたゴミは二度と拾いません」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【75話】感想と考察(一部ネタバレを含む)

管理人が作品を読んだ感想と考察になります。

カリアンの推測

カリアンはレイラがフィレンと何を話したのかについては知らないものの、おそらく情婦の子の死産に関する話だろうと考えているよう。

まさにその通りですね。死産の件についてはレイラとは関係なくカリアンのもとに報告が届いていたのでしょう。

そして実はカリアンはその件について個人的に調べていたらしく、全ての黒幕は情婦シスリーなのではという結論に至ることに。彼女の立場であれば犯人を捏造することもできるであろうと。

実際にこの死産はシスリーが自ら中絶薬を飲んだことによる自作自演であり、ミサのことを犯人に仕立て上げているため、カリアンの推測は今のところ全て的中していると言えそうですね。

カリアンはレイラのことを傷つけられて激しい憤りを感じているようで。彼女のためにもこの問題を解決してあげたいのでしょう。

ウィリオット公爵家の内部で起こっている問題なのでカリアンが介入するのは容易ではないかもしれませんが、どうにかレイラが無実であることを証明できるといいですね。

心の病

カリアンのもとにはレイラの状態について医師から報告が届きました。医師曰く彼女は今心の病を患っているのだと。

食事をちゃんと食べれなかったり急に無気力になったりと、心の病と思われる症状が表れているようで。

今のレイラにとってはミサの死が何よりもショックでしょうし、そのうえ俺の子供を産めとフィレンに脅迫までされていましたから、精神状態に支障が出るのも無理は無いでしょう。

また医師の話によると彼女の心の病は今に始まったことではないらしく。その話を聞いたカリアンは、レイラが雷に過度に怯えていたことを思い出し、それも心の病のせいだったのだろうかと思ったよう。

そしてカリアンは彼女の過去について徹底的に調べるようヒルタインに命じていました。

レイラ自身が過去を探られることをどう思うのかは分かりませんが、カリアンは彼女のこととなると居ても立っても居られないのでしょうね。

レイラが差し出したのは

カリアンのもとにはレイラがやってきて、突然予想外のものを指し出すことに。それはなんと辞表。

これは驚きですね…。カリアンも激しく動揺しているようでした。レイラがそばからいなくなるのが彼にとっては何よりもダメージが大きいでしょうからね…。

ただレイラには考えがあるらしく、今すぐに辞表を受理して欲しくはないのだとか。そして彼女は事件の真相を突き止めるためにウィリオット公爵家の領地に行くつもりなのだと。

それと辞表にどのような関係があるのかは今回は明かされず。何か特定の条件を満たした時にだけ受理して欲しいとかなのですかね?

そしてとにかくレイラを一人だけでウィリオット公爵領へ向かわせるのはやめさせたいところ。フィレンに何をされるか分かりませんから。

カリアンは彼女のことを説得するのか、それともいつものようにヒルタインを護衛につけるのか、この後の展開が気になるところです。

←前回 今回 次回→
第74話 第75話 第76話

>全話まとめ一覧はこちら

-韓国漫画の感想考察(※ネタバレあり)