韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ29話】しがみついても無駄ですの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「しがみついても無駄です」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第28話 第29話 第30話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「しがみついても無駄です」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【29話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

それは痴話喧嘩か

カイラの爵位継承を祝うため遅れて会場に現われたフェイロン。

彼はプレゼントがあるから渡したいと言い、忠臣のメルビンが持ってくる。それを貰ったカイラは少し頬を赤らめている。

そんな彼らのやり取りに口を挟んでくる皇子たち。

会場に入ってからフェイロンは兄弟に言葉をかけることもなく、真っ先にカイラのもとに向かって行ったからか、お兄さんには僕たちが見えないのですか?とエルカルが話しかけてくる。オルシエ侯爵がお兄さんの人なのは皆知っていますよとも。

ラカンも険しい表情ながら同調し、誰かがオルシエ侯爵を奪うみたいじゃないですかと皮肉っぽく言う。

するとフェイロンは2人の方をポンと叩き、それなら”私の人”にでたらめを言う人もいないと信じているよと答える。

その返事にラカンは苛立った様子である。

そんな兄弟のやり取りの中、周りから見たら痴話喧嘩でもしているように見えますよとリバゼンが言うのだった。

リバゼンとの言い争い

カイラはリバゼンの発言に引っかかった。まさかオルシエ侯爵家の首長である私を些細な痴話喧嘩の主人公にしようとしているのではないでしょうね?と。

食って掛かるカイラに対して、皇子に言い返してくるとは礼法を知らないねとリバゼンも反撃してくる。

するとカイラは、礼法なら亡くなったノチル老公爵夫人から学びましたよと答える。その教えには侮辱を受けて見て見ぬふりをする作法などなかったと。

その礼法を間違っていると言うことは、大母様を否定することになりますよとも。

ノチル老公爵夫人は皇帝の実の妹である。皇子からしたらただ一人の叔母だ。

叔母の名前を出されて、ばつが悪そうなリバゼン。彼はカイラに謝り、そしてそそくさと会場を後にする。

カイラは見事にリバゼンを撃退することに成功したのだった。

それからふと気づくとエルカルの姿も見当たらない。どうやら彼もすでに帰ってしまったようだ。

そしてフェイロンも用事があるからとカイラに話し、会場を後にする。

忙しい合間を縫って婚約者のためにわざわざ顔を出したのねと周囲の者たちは囁いており、婚約関係にある2人の仲についても印象は上々のようである。

そしてフェイロンが帰った後、ラカンはカイラに話しかけ、外で待ってるよとだけ言い残して立ち去って行くのだった。

待っていたラカン

全員会場をあとにした皇子たち。

カイラは彼らが出席してきた目的を分析していた。

第三皇子は文句をつけてくるため、第四皇子は単なる好奇心だろう。しかしラカンがどうして来たのかだけは本当に分からなかった。

外で待っているよというラカンの言葉も無視したまま、すっかり日も暮れて夜になった。

いよいよカイラも会場をあとにするころ、執事のブアゼルから報告が入る。皇子が応接室で待っているのだと。

まさか今まで待ってたの…?と驚きながらカイラが応接室へ向かうと、そこにはラカンがいた。

彼は待つことを嫌う性格だっただけに、どうして…とカイラは戸惑った。

そしてラカンはプレゼントするものがあると言って、小さな箱を渡してくる。

箱を開けてみると大きな宝石が入っているのだった。

宝石のプレゼント

突然カイラに宝石をプレゼントしてきたラカン。

こんな大きなルビーを手に入れることはできないと彼は言う。それは大陸全体でも唯一のものだろうと。

しかし前世でラカンのために政治資金調達をしてきたカイラの目はごまかせない。

その宝石は大きいだけで透明度が悪く、精巧さも明らかに良くない。カイラはそれを一瞬で見抜いた。

とはいえ彼女は宝石の価値について特に指摘することなく、ただ単に受け取ることは出来ないと言ってそれをラカンに返す。

すると意外にも彼はあっさりと引き下がり、またちゃんとしたものをあげるよと言うではないか。

あまりにも素直に引き下がる彼の対応をカイラは不審に感じる。

そして彼は、爵位継承おめでとう!いつも僕のためにありがとう!と言い残して部屋を立ち去って行った。

なぜか感謝されてしまったカイラはハッとした。

まさか…私がラカンのために侯爵になってフェイロンに背を向けたと勘違いしているの…?

彼女はそのように思うのだった。

【29話】感想

やっぱりカイラは第三皇子と敵対しそうな雰囲気がありますね。一方の第四皇子は今のところは無害な感じ?でしょうか。カイラとしても単なる好奇心でやって来ただけだろうと思ったようです。

そして遅い時間までカイラのことを待っていたラカン。さすがの執着心です…。もう恐怖ですね。

ただいつもとは違って、宝石のプレゼントを断られてあっさりと引き下がってしまいました。こうなって来ると逆に不気味ですね。

カイラが自分のために侯爵になってくれたと信じ込んでいるから余裕が出てきたのでしょうか?笑

彼女がまたどうやって突き放すのか楽しみです。

←前回 今回 次回→
第28話 第29話 第30話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ