韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ26話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第25話 第26話 第27話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【26話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

報告

屋敷の執務室で仕事をしているユスタフの元に、黒いローブにフードを深くかぶる1人の男性が報告に現れた。

ユスタフは彼にランの後をつけさせていたのだった。ランは無事に戻ってきており、エルフは見失ってしまったと彼は報告をした。

ユスタフはランのことを不思議に思っていた。ある時は政治力に優れて見え、ある時は無邪気な少女のようだ。それに、魔石や伯爵の娘が病気だということはなぜ知っていたのか?

彼女が指輪をはめた時、青炎は彼女のことを認めた。ラチア公爵家以外の者が認められることはなかったのに、なぜなのか。

ユスタフはランが去った後イルミニティ伯爵がこれからどう動くのか詳しく調べるように、黒いローブの男性に指示をするのであった。

緑影

さきほどユスタフが指示をしていた男は、ラチア公爵家の「緑影」のメンバーである。彼らは情報活動をする集団だ。

現在、臨時の当主はランが務めているが、緑影はユスタフのところを訪ねて来たのだった。ユスタフは前から母に教えられ緑影の存在を知っていたが、ランは知らないはず。

しかし、ランがいなかったら緑影は解体されていたはずだ。彼らのような秘密集団を維持するのには、忠誠心の他にも膨大なお金がかかるのである。小遣いとして私がそんな大金を使っていてもランは気にしない。

そのおかげで、賭博に誘惑しロビーを殺すのも、叔父を脅迫するのも、ずいぶん楽に行うことができたのだ。

手紙

ランは屋敷に戻ってくると、ユスタフと一緒に夕飯をとることに。

ランは伯爵の令嬢の娘の件の話をした。

そして、エルフのハーレッシュはいつ代金の魔石を取りにくるのかと2人が話していると、コンコンと窓を叩く音が。

ハーレッシュはさっそく魔石を受け取りに来たのであった。

ランは急いで魔石をとってくると、彼に渡した。魔石を受け取るとハーレッシュはさっと窓から出て行くのであった。

ユスタフは無事に彼らと貿易ができるといいですねと言うと、ドワーフとはどのように接触するつもりですか?と聞いた。

ランはドワーフと交流のある魔術師協会を通じて接触しようと考えており、明日手紙を送ってみようと思うと言った。

ユスタフは今度は一緒に会いましょうと言うと、魔法使いたちに魔石の話はまだしてませんよね?と聞いた。

ランはまだしていないと答える。

すると、送る手紙に青い魔石のことについても記載してくださいと、ユスタフは言うのであった。

【26話】感想

←前回 今回 次回→
第25話 第26話 第27話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ