韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ33話】乙女ゲームの最強キャラたちが私に執着するの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「乙女ゲームの最強キャラたちが私に執着する」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第32話 第33話 第34話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「乙女ゲームの最強キャラたちが私に執着する」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【33話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

嫉妬

ブルーポート公爵の暴走事故が起きてから、どういうわけかヒーカンは優しくなった。

舞踏会で守れなかったことを気にしているのだろうか…と思うダリア。

ある日。アドリーシャとお茶を楽しんでいると、彼女から1か月後に皇太子の誕生日を祝う舞踏会が皇室で開催されると知る。

ダリアは初めての舞踏会になるから、あらかじめ知り合いを作って緊張しないように、お茶会をするのがいいとアドバイスをするアドリーシャ。

知り合いが増えることや美味しいデザートを出すことを想像すると、ダリアは胸を躍らせた。しかし、お茶会を開くには兄のヒーカンに相談して、招待状を発送してもらう必要がある。

彼がそこまでしやってくれるだろうかと疑問に思っていると、侍女に聞こえないようにコソっと耳うちをするアドリーシャ。

公爵様はダリアが思っている以上にダリアが大好きなんですよ、ダリアと私が親しいことを嫉妬していると思いますと。

まさかとは思ったが、心当たりがあるダリア。

出会ってから3週間しか経っていなのにすごく仲がいいねとヒーカンが言ってきたことを思い出すと、嫉妬をするヒーカンがかわいく思えた。

身の安全を確保できたから、あとはお金を貯めて家をでるだけだと意気込むダリア。一方で、ヒーカンやアドリーシャの未来はどうなるのだろうと心配するのであった。

お茶会の打診

ヒーカンの執務室にやって来たダリア。机の上に散乱する書類の山を見ると、彼の忙しさがうかがえる。

忙しそうに仕事をするヒーカンに、お茶会の話を切り出せないでいるダリア。

すると、お茶会のことならもう済んでいるから執事長に聞くようにヒーカンは言った。

彼はダリアとアドリーシャがお茶をしながらこの話をしていたことを、その場にいた侍女から報告を受けていたのだ。

すでにお茶会の準備をしてくれていたことを知ったダリアは、ヒーカンの腕に抱きつくとお礼を言った。

そして、ヒーカンのそばで勉強をしていきたいとお願いをすると、ヒーカンの隣に椅子を持ってくるダリア。

2人が他愛もない話をすると、ヒーカンはフッと笑っているようなのであった。

【33話】感想

←前回 今回 次回→
第32話 第33話 第34話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ