韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ5話】男主人公を誘惑するつもりはありませんでしたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「男主人公を誘惑するつもりはありませんでした」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第4話 第5話 第6話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「男主人公を誘惑するつもりはありませんでした」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【5話】ネタバレ

リアンを縛って

リアンの手を縛り、目隠しをして拘束したエレノア。

さあ…今から何をしようかしら?と彼女は考えた。

がっちりとした体格ながらきれいな筋肉で、彼の体は彫刻のように欠点が見当たらない。

彼は耳を赤くして恥ずかしがっているが、近くに来てくれ!とエレノアのことを呼び寄せ、意外と積極的である。

彼女は恥ずかしがりながらもリアンに近寄り、これくらいでいいですか…?と。

するとリアンは縛られた手をスルっとほどき、そして突然エレノアに覆いかぶさるのであった。

一夜をともに

縛られた手をスルっとほどき、突然エレノアに覆いかぶさったリアン。

軍人である彼は捕虜になったときの脱出くらい余裕なのである。わざとおとなしく縛られていただけなのだ。

グッと2人の顔が近づいたその瞬間、お食事の時間です!と使用人がドアの外から知らせにきた。

しかしリアンは、明日の朝まで俺の部屋に近づくものは全員切ってやると伝えろ!と言って使用人を追い返す。

もう2人を邪魔するものはなく、あのドアの向こうが俺の部屋だ…エレノア!と彼は言う。

”エレノア”と呼ばれ、私名前教えたっけ…?と彼女は疑問に感じながらも、2人は書斎から寝室へ。

ここまでするつもりはなかったのに…。これで本当に愛情が芽生えたらどうしよう…?

エレノアはそう思いながら、リアンと体を重ね合わせるのだった。

笑顔の皇女と怯える令嬢

一台の馬車が皇居に到着した。

馬車に乗ってやって来たのはビアンカという貴族令嬢。

建物の前で待っていると、ビアンカ!と名前を呼んで笑顔で近づいてくる女性が。

それはハスカトル帝国の皇女アイリーン・ハスカトルである。

アイリーンから名前を呼ばれたビアンカは、ビクッと何やらおびえているようである。

待っていたわ!早くドレス見に行きましょう!…ね?

アイリーンがそのように笑顔で話しかけると、ビアンカは委縮してうつむいているのだった。

【5話】感想

エレノアは初めはそんなつもりではなかったわけですが、結局一夜をともにすることになってしまいました。

一体リアンが何を考えていたのか気になりますし、夜を過ごした後に2人の感情がどうなっているのかも気になります!

またビアンカという令嬢と皇女アイリーンが登場しました。

アイリーンの性格がどうなのかはまだほとんど描かれていませんが、今のところ性格良くはなさそうですかね…?

ビアンカが明らかに怯えているのに、笑顔でいられるとか怖すぎます。相手は皇女なので力関係は明白ですが、ビアンカがなんでそんなに怯えているのか理由が気になりますね。

←前回 今回 次回→
第4話 第5話 第6話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ