韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ20話】男主人公を誘惑するつもりはありませんでしたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「男主人公を誘惑するつもりはありませんでした」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第19話 第20話 第21話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「男主人公を誘惑するつもりはありませんでした」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【20話】ネタバレ

リアンが参加するオークション

リアンが訪れているローズウッドパーク。それはこの世の全てのものを出品できるオークション会場だ。

主に犯罪者や破産した者たちの財産が処分されることが多く、あらゆるものが手ごろな値段で手に入る。

ただし首都からは馬で数時間かかるほど遠く、そんな場所になぜ彼がいるのかとブレインは疑問に思った。

明日は誕生祭の最終日。自分が連れ戻すしかないと思い、ブレインもローズウッドパークへ向かうことにするのだった。

そして翌日になり、ブレインはリアンのいるオークション会場に到着した。

早速昨日のエレノアのことを伝えようとするが、今リアンはオークションに集中しているようである。

彼が落札しようとしているのはシャンカルンホテル。それはパームブリック通りに面するペリシティ中心部の目玉物件だ。

シャンカルン子爵が破産して売りに出された土地であり、貴族なら誰もが欲しがる物件。ただしとてつもない価格のせいで未だに購入者がいないのである。

通常50万ゴールドもあれば相当豪華な屋敷を買えるわけだが、なんとリアンは1億ゴールドでシャンカルンホテルを落札するのだった。

知らされた昨日の出来事

帰りの馬車の中。カラーブリア公爵家からの支援が打ち切られたのに1億ゴールドも出せるのかと心配するブレインだが、リアンは余裕な様子だ。

彼はカラーブリア公爵家のみならずフロイド公爵家の唯一の後継者でもある。フロイド家は大陸最高の富を誇る家門。

たとえ支援が打ち切られようともリアンには十分な金があるのだ。

それから話題はエレノアの話に。ブレインはそのことについて伝えるためにここまで来たのである。

彼は昨日のパーティーでの出来事をリアンに説明し始める。まずはエレノアがリアンとの噂をネタに貴族たちにチヤホヤされていたということ。

しかしリアンはそんなこと気にしていない様子。

美人だがあの程度の女なんて…とブレインがか彼女のことを悪く言うと、リアンの表情は険しくなる。エレノアの悪口はたとえ親友でも許さないようだ。

そしてブレインは最も重要なことを伝えた。エレノアがスカイ・ペイドラの胸に抱かれて出て行ったと。

その話を聞いた途端リアンは荒ぶったようで、外からでもわかるくらい馬車がグラグラと揺れる。

もう諦めろとブレインが止めようとするも、エレノアに直接会って話を聞いてくるとリアンは言い出す。

エレノアをその男の側に置いておくわけにはいかん!と言いながら、彼は一人馬を走らせるのだった。

エレノアが朝目覚めると

朝目が覚めたエレノア。

目を開けると見たことのない天井である。自分の家ではないようだ。

覚えているのは、昨日リトリエル邸のパーティーに行ったということ。

まだ状況が把握できずにボーっとしているエレノアに、やっと目が覚めたか…?と声をかけてくる男が。もちろんスカイだ。

彼は半裸の状態でエレノアの隣にいるではないか。

これは…一体どういうこと?とエレノアは困惑するのだった。

【20話】感想

シャンカルンホテルという誰もが欲しがる物件を落札したリアンですが、一体何に使うのでしょうかね?

カラーブリア公爵から退去命令を受けた騎士団の居所にするのか、運営して収入源にでもするのか。用途の説明がちゃんとされていなかったので気になります。

そしてリアンは昨日の出来事をブレインから知らされました。エレノアがスカイに連れていかれたと聞いて、穏やかではないようです。

一方エレノアは朝目が覚めると隣には半裸のスカイが。まさか彼女が意識ないうちに手を出したりはしていないでしょうね…?そんな卑怯な男ではないことを願いたいです。

エレノアを巡った争いがこれからどうなっていくのか楽しみです!

←前回 今回 次回→
第19話 第20話 第21話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ