韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ17話】男主人公を誘惑するつもりはありませんでしたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「男主人公を誘惑するつもりはありませんでした」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第16話 第17話 第18話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「男主人公を誘惑するつもりはありませんでした」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【17話】ネタバレ

アイリーンの圧力

アイリーンはビアンカに命じて毒薬を用意させたが、自分はそんなこと命じていないかのようにしらばっくれる。ビアンカが勝手にやったことにしようとしているのだ。

ゾッとするビアンカの腕には何やら文字が刻印されている。

そしてアイリーンは、偶然あの女のグラスにその毒が入ったりしないかな…などと言うではないか。

はっきりと命令してくるわけではないが、お前がやれと言っているようなものだ。

それはいたずらなどではないれっきとした殺人。さすがにビアンカはそんなことやりたくはなく、無言のままである。

するとアイリーンはさらに圧力を強める。遠くから来たお友達がいなくなっちゃうかもしれないわねと。

エイドリアン・ユニスのことだ。ビアンカが誕生祭で彼と親しくなったことを知っており、彼を使って脅してきたのである。

薬のこともこれからすることも全部秘密よ!アイリーンが言うと、ビアンカの腕に刻まれた文字が少し光った。

追い詰められたビアンカは真っ青な表情を浮かべているのだった。

沈黙の刻印

帰りの馬車の中。ビアンカは自分の腕に刻まれた文字を見つめていた。

それは沈黙の刻印。お互い同意のうえで成り立つ刻印で、秘密にしたことを口に出せなくなる呪術の誓約だ。

他の人からはその刻印は見えない。

ビアンカはアイリーンにその誓約を結ばされてしまったせいで、誰にも助けを求められない状況になっているのだ。

悪いことなどしたくはないが、言う通りにしなければエイドリアンが殺されてしまうだろう。

両親さえ自分を信じてくれないビアンカは、私がやるしかないのよ…!と覚悟を決めるのだった。

騎士団の退去命令

リアンのもとには部下から報告が届いた。

カラーブリア公爵からシークレットナイトに領地の訓練所から退去するよう命じられたと。

一緒にいるブレインは驚いているが、リアンは冷静なままだ。

リアンは移る場所が決まったら連絡するから訓練を続けるようにと部下に命じる。

そしてリアンは用事があるからと一人で外出してしまった。

まさかあの寡婦に会いに行くのか?と思ったブレイン。

机の上にはリトリエル侯爵夫人からのパーティーの招待状があり、リアンはそこに行ったのかもしれないとブレインは考えた。

もしリアンが来ていなくても、ブレインはエレノア男爵夫人に言おうと思っていることがある。

リアンときっぱり別れろ!

そのように言ってやらなければならないと彼は思っているのだった。

【17話】感想

結局ビアンカはアイリーンに逆らうことはできず。殺人さえも実行する覚悟を決めてしまいました。

アイリーンは本当に卑怯な奴です。呪術で誓約を結ばせて誰にも助けを求められないようにするなんて。誰かが呪術を解いてくれたらいいですが…。

またリアンのほうはカラーブリア公爵から騎士団を追い出されそうになっています。冷静なリアンですが何か考えがあるのでしょうか。

リアンとエレノアの関係がきっかけで色々なことが巻き起こっていますね。これからどうなるのか楽しみです。

←前回 今回 次回→
第16話 第17話 第18話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ