韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ27話】もうこれ以上愛さないの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「もうこれ以上愛さない」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第26話 第27話 第28話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「もうこれ以上愛さない」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【27話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

押し寄せる不快感

図書館に来たアーレントと騎士のリュディガーは、柱の陰からネバエらの話を聞いていた。

ネバエがアーレントの父親である先代皇帝を褒めるので、アーレントはうれしそうな顔をした。

その時。ネバエがふらついて転びそうになると、バレルは彼女を抱き止めた。

そして、そんな姿を見てしまったアーレントに、自分でもよくわからない不快感が押し寄せるのであった。

しかし、なるべく感情に出さないようにしたアーレントは、遅れてごめんねと笑顔で彼女の前に姿を現した。

アーレントと会う約束をしていたっけと内心思ったが、彼に労いの言葉をかけるネバエ。

本の片づけをリュディガーに頼むと、ネバエとアーレントは部屋に戻って行くのであった。

ヴィンフリートの本

図書館に残されたバレルとリュディガー。

リュディガーは席に座ると、さきほどネバエが読んでいたヴィンフリートの本を読み始めた。

そして、ティエリーの図書館になぜこんな本があるのか知っていますか?と聞いた。

この本はムニエルという作家が、ヴィンフリートについて書いた本であった。

バレルがガウレン鉱山の責任者でヴィンフリート行きに同行することを知っているリュディガーは、彼にこの本を1度読んでみるように勧めた。

ヴィンフリートに行ったときに、ティエリー出身だからと鼻にかけていたら大変なことになりますからと。

そして、愛国心からと美化して書かれているわけではないですよ、誰よりもヴィンフリートの歴史に詳しい人が書いたものだからと言うのであった。

レニエとの会話

夜、通信機で異母兄のレニエと話すアーレント。

執筆作業は進んでいる?とアーレントが聞くと、彼は疲れている様子であった。

レニエは歴史書は書いたことがあるから、今度は文学書を書いているのだと言う。

レニエはアーレントに本題を聞いた。出版の話を聞きたかったわけではないのだろう?と。

アーレントは言いにくそうにしていると、私はダメな奴なんだと打ち明けるのであった。

【27話】感想

←前回 今回 次回→
第26話 第27話 第28話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ