韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ19話】もうこれ以上愛さないの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「もうこれ以上愛さない」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第18話 第19話 第20話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「もうこれ以上愛さない」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【19話】ネタバレ

生まれる前に親同士が決めた婚約者。

バレルはまるで人形のようなネバエを初めて見た時から怒りを感じていた。

ネバエがユスターシュ公爵家で暮らすようになると、いつも我を通してくる彼女が嫌いだった。

愛を語るのも、私のことをすべて理解しているような振る舞いも。そして、大嫌いな彼女を時々綺麗に思えてしまう自分自身にも嫌気がさしていた。

バレルは喪中を理由に花を飾ったことをネバエに咎めた。

ご両親が亡くなってから1年も経つのに、いつまで悲しみに暮れるつもりなのですか?あなたが心配なのですとネバエは答えた。そして、お花好きですよね?と。

私は花が嫌いですとハッキリ否定するバレルは、私のためだとかそんな白々しい言い訳はいらないと吐き捨てた。

ネバエは謝罪をすると、あなたの気分が少しでも晴れればと思って…と言うのであった。

バレルはハッと目を覚ますと、夢だったことに気が付いた。

彼の目からは、自然と涙が流れているのであった。

イゾルデ皇女とレニエ皇子

皇宮に訪問する日を迎えたネバエ。

イゾルデ皇女は母国ティエリーと絶縁状態にあった。その原因はアーレントの異母兄であるレニエとの結婚。

皇帝ベルトランは留学中にレニエ皇子と恋に落ちたイゾルデ皇女の結婚に反対をし、彼女を捕えようとした。

そのことに失望したイゾルテ皇女は実家と縁を切り、彼と結婚をした。

国に同士の結婚ではあるが、あくまでも名ばかりなのである。

だから、皇帝ベルトランはネバエを必要としているのであった。

姓の授与

皇宮に到着すると、皇帝ベルトランに謁見した。

皇帝ベルトランはネバエを近くまで呼び寄せると、お前は我が国の栄光の担い手であり、私が最も愛する娘だと言う。

そして、彼はネバエにベルトランの姓を与えるのであった。

会場にいた貴族たちからは馬鹿にするような笑い声が上がった。

それを聞き逃さなかったネバエは、皇帝の名をいただいた私を辱める者がここにいるので、罰を与えるようお願いするのであった。

【19話】感想

←前回 今回 次回→
第18話 第19話 第20話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ