韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ16話】もうこれ以上愛さないの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「もうこれ以上愛さない」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第15話 第16話 第17話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「もうこれ以上愛さない」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【16話】ネタバレ

バレルの想い

時は遡り、バレルがネバエが暮らしていた部屋で手紙を見つけた時のこと。

バレルはネバエのことを想うと、彼女のことを取り戻したいと考えていた。

前みたいに愛してくれなくてもいい、ただそばにいて欲しい。

彼はネバエの手紙をぎゅっと握ると、彼女への想いを募らせた。

彼女がティエリーに残りさえすれば、ヴィンフリートの皇后になることはない。

そして彼女が独りになれば、きっと私の元に戻って来る。

そんな考えをしたバレルは、自分でも卑怯で勝手だと思うのであった。

卑怯者

王宮内で出くわしたバレルとアーレント。足早に立ち去ろうとするバレルに、あまり顔に出すなよ、私の心は広くないからとアーレントは言った。

そして、バレルにこう質問をした。愛する女性を奪われたかのような見苦しい態度を取るのはなぜ?と。

なんでそんなこと聞くのですか?とバレルが聞き返すと、パーティーで袋叩きに会う彼女を傍観していたじゃないかとアーレントは指摘した。勇気はないくせにくだらない善意がある人間は「卑怯者」っていうんだよと。そして、彼女に近づかないようにと笑顔で忠告するのであった。

アーレントと騎士のリュディガーが去って行くと、バレルはその場に立ち尽くした。

何も言い返すことは出来ずに、ただ自分の手を握りしめるバレル。

すると、そこにエスタス嬢が現れた。彼女は今の2人の会話を聞いていたのだと言う。

エスタス嬢はバレルを庇うと、悪いのはネバエなのだと言う。

彼女の話をろくに聞かずに行こうとするバレルを、エスタス嬢は引き止めた。

ソレーヌ嬢が身の丈に合わない結婚をするのが嫌なら、私に良い方法があると彼女は言うのであった。

リュディガーの訪問

一方、ソレーヌ侯爵家でのこと。

騎士のリュディガーは、ネバエと妹のルビエルに頭を下げていた。

アーレントからの伝言を伝えに来たのだが、離れをのぞく彼が不法侵入者のように見えたのだ。

リュディガーはアーレントからお嬢様をお連れするように言われたと伝えると、せっかく一緒にいれたのにと残念がるルビエル。

リュディガーの計らいで、妹のルビエルも一緒に連れて行くことにしたのであった。

【16話】感想

←前回 今回 次回→
第15話 第16話 第17話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ