韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ45話】継母だけど娘が可愛すぎるの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「継母だけど娘が可愛すぎる」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第44話 第45話 第46話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「継母だけど娘が可愛すぎる」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【45話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

変わったセイブリアン

執務室で仕事をしているセイブリアン。

アビゲールのお茶会のために予算を増やしたほうがいいだろうかなどと彼は言っているが、そんな彼にミラードは言いたいことがあるよう。

ただのお茶会なのにちょっとやり過ぎではと。また毎晩アビゲールの寝室を訪れるなら、いっそのこと寝室を一緒にすればいいのにとも。

その言葉にセイブリアンはひどく動揺している。

以前までなら考えられないセイブリアンの反応に、殿下は本当に変わりましたね…とミラードはため息をついた。

そんな話をしていると使用人が部屋にやって来て、アビゲールからの贈り物を渡してくる。

王妃が!?とセイブリアンは嬉しそうな表情を浮かべるのだった。

アビゲール主催のお茶会

アビゲールが主催するお茶会。そこにはもちろんブランシュも参加している。

お茶会はドレスの話で盛り上がり、貴族令嬢たちは皆アビゲール考案のシュミーズドレスを絶賛した。

そんなところに遅れてやってきたカリン。彼女は皆が初めて見るドレスを着ているではないか。

シュミーズドレスと同様にコルセットもパニエもない着やすいもの。だがシュミーズドレスに比べるとラフ過ぎずに品格を保ったドレスだ。

ふふふ…どうですか?とカリンは自慢げな様子。アビゲール主催のお茶会で自分が主役になり、アビゲールに悔しい思いをさせようという腹積もりなのだ。

しかしカリンの思惑とは裏腹に、アビゲールは思わぬ反応を見せる。

初めて見るドレスに令嬢たちが驚く中、アビゲールは一人だけ大興奮していたのだ。

それはミパルティですね!と言いながら目を輝かせている。ドレスに詳しい彼女はそれを知っていたのだ。

アビゲールはカリンのそばに寄り、そのドレスがどのように仕上げられているのか、どのように装飾されているのかを隅から隅まで観察する。

大興奮のアビゲールにカリンはたじたじの様子である。

それからアビゲールがミパルティのドレスについての歴史を少し解説すると、令嬢たちも興味を持って熱心に聞いている。

令嬢たちは他のドレスについても教えて欲しいということで、アビゲールを中心にそのお茶会はさらに盛り上がるのだった。

悔しいカリン

アビゲールのドレスの話を夢中で聞いている令嬢たち。

その場の皆がアビゲールに注目し、お茶会はまるで和やかな教室のような雰囲気である。

そんな雰囲気の中で一人歯を食いしばって悔しそうにしている人物がいた。カリンだ。

今日は新しいドレスを着て自分が主役になるはずだったのに、完全にアビゲールに注目を奪われてしまったからだ。

彼女は耐えられなくなり、私は用事を思い出したので…!と言って駆け出してお茶会から出て行く。

何よ!ムカつく!と悔しさをにじませながら走っていると、ふと廊下の鏡で自分のドレスに血がついていることに気が付いた。どうやら経血のようだ。

周りには人目があり、なんでこんな時期に…と涙を流しながら座り込む。

私なんか生まれてこなければ…!と悲しんでいるカリンを、アビゲールが追いかけてきた。

突然抜け出したカリンのことを放っておけなかったのだろうか。

カリンちゃん!とアビゲールが声をかけると、王妃殿下…!と言ってポロポロと涙を流しながらカリンは振り向くのだった。

【45話】感想

セイブリアンはアビゲールの話になると分かりやすく動揺しますね。寝室を同じにしてはどうかというミラードの言葉に戸惑っていましたが、本心ではどうしたいのでしょうかね。

また無事に開催されたアビゲール主催のお茶会。彼女を中心に盛り上がっていますが、カリンとしては面白くないようです。

2人の関係はこれからどうなってしまうのでしょうか。アビゲール側はカリンに対して敵対心など無いため、カリンのほうが勝手に敵視するのをやめて欲しいものですが。

今後の展開が楽しみです。

←前回 今回 次回→
第44話 第45話 第46話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ