韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ16話】継母だけど娘が可愛すぎるの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「継母だけど娘が可愛すぎる」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第15話 第16話 第17話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「継母だけど娘が可愛すぎる」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【16話】ネタバレ

セイブリアンからの呼び出し

アビゲールはセイブリアンから食事に呼び出された。

しばらく何も喋ることもなく、ただただ料理を口に運ぶ2人。

彼女はあまりの気まずさに食事の味も感じず、どうして私を呼んだのよ…!と思っていた。

すると突然セイブリアンが口を開き、ジェレミー夫人ともめたと言う話は事実かと聞いてくる。どうやら彼にも報告が届いていたようだ。

アビゲールはそれが事実であることを伝え、そして食事制限のことや、ドレス選びときもブランシュの意思を全く尊重していなかったことを話した。

ジェレミー夫人は、まだ自分で判断が出来ないブランシュのためだとセイブリアンに言っていたようだが、その話にアビゲールが怒りを露わにする。

犬や猫にも自分の意思があるのに、人間であるブランシュには好き嫌いが無いとでも!?と。

そのように声を荒らげ、ブランシュの意思が尊重されていないことを必死に訴えるのだった。

新しい教育係は

それからジェレミー夫人の処遇をどうするかとセイブリアンが尋ねると、ブランシュを尊重してくれるなら誰でもいいとアビゲールは答えた。別にそれがストーク家の者でもかまわないという。

その回答が意外だったのか、セイブリアンは少し驚く。

前王妃に仕えていたジェレミー夫人を追いやり、政治的に自分の足場を固めたいのではとアビゲールのことを疑っていたのだ。

アビゲールの望む条件には家門の話などはなく、ただブランシュを尊重して食事制限をしなければ教育係は誰でもいいということで、ひとまず疑いが晴れたのである。

するとセイブリアンは、アビゲールが教育係をしてはどうかと提案して来た。血は繋がっていないが、それでも彼女はブランシュの母である。

予想外の提案にアビゲールは少し動揺したものの、彼の言う通り教育係をやってみることになったのだった。

ミラードの懸念

2人での食事が終わった後、セイブリアンと一緒にいるミラードは懸念を口にしていた。

ブランシュ姫を王妃殿下に任せるのは危険かもしれません…と。

それでもセイブリアンは確かめたかったのだ。本当にアビゲールが変わったのか、それともそう見える演技をしているだけなのか。

王妃に情がわいたんですか?とミラードが質問すると、セイブリアンはフッと笑う。

王族にとって結婚はただの取引。そんな夫婦の間に情が必要なのか?と。彼はアビゲールへの情を完全に否定した。

そのまま立ち去って行くセイブリアンだが、ミラードはやはりどうしても納得できないようである。

セイブリアンの背中を見ながら、殿下…!と思い、拳をギュッと握りしめるのだった。

【16話】感想

結局ジェレミー夫人は教育係から外され、アビゲールが新たな教育係になることに。これは一気に信頼を勝ち取るチャンスかもしれませんね。

セイブリアンは彼女のことを確かめたいと思っているようですが、側近として動いているミラードはどうしても納得がいかないようです。

これだけアビゲールに対して強い疑いを持っていると、そのうち邪魔してくる敵になりそうな感じも…。ストーク公爵やジェレミー夫人と手を組んで何か仕掛けてきたりとか…?ちょっとミラードの動きにも注目していきたいですね。

←前回 今回 次回→
第15話 第16話 第17話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ