韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ24話】狂った王女にはワケがあるの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「狂った王女にはワケがある」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第23話 第24話 第25話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「狂った王女にはワケがある」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【24話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

棺の並べられた部屋

アシオスが一人本城の中を進んで行くと、12個の棺が並べられた部屋に到着した。

そして彼は察したようだ。なぜバルディマル王家が兄弟同士で殺し合っているのか。

一番手前には第5王子の棺があり、最近死んだようである。アシオスの予想通り、彼はロゼスに殺されたばかりだ。

王子王女の棺が7つ。ジカル、ロゼス、リズベル以外は皆亡くなっているのだ。そして王の5人の妻の棺も並んでいる。

そしてその部屋を進んで行くと、そこにはなんと椅子に座っているルシペの姿が。アシオスとルシペの対面である。

さらにルシペの傍らに蛇がいる。その蛇は本来魔界にいるべき悪魔のイゴールだ。

アシオスはその光景を見てすぐに理解した。12個の棺桶に活力のないルシペの目、そして傍にいるイゴール。

バルディマル王家が隠していた秘密とは、王の悪魔召喚だったのだ。

ルシペはかつて兄弟たちの血で聖戦を汚し、怒った女神がルシペに呪いをかけ、その呪いにより彼は徐々に石のように固まり始めた。

そんな中で、ルシペは不法に悪魔を召喚したのである。

アシオスとルシペの対面

ルシペは部屋にやって来たアシオスに対し、お前は何者だと問いかけた。

あなたの国を管理するために者とでも言っておきましょうか…とアシオスが答えると、ラタエからきた使いだとルシペはすぐに察した。

アシオスはここで見た光景で、これまでルシペが何をしてきたのかを大体理解した。

自らの呪いを解くために兄弟を争わせていること、そして悪魔の召喚に妻や子供の死体を利用していること。

そのことをアシオスが問い詰めると、王家のことは王家で解決すると言って、ルシペは敵対する姿勢を見せる。

アシオスは険しい表情である。もし少し遅れて使節団と共にここに到着したのあれば、最初に見た棺は第5王子ではなくリズベルのものだったのだろうということが頭をよぎる。

そしてアシオスはルシペに問いかけた。もし継承争いで一人生き残った場合、その者に王位を譲るつもりだったのかと。

するとルシペは不気味な笑みを浮かべ、そんなはずはないだろう!と答えた。

最後まで生き残る子はあくまでも自分を救うだけ存在だと。

継承争いとはルシペにとっては都合がいいだけの名分であり、本当は王位継承させるつもりなど全くなかったようだ。

その答えを聞いたアシオスは呆れかえっている。蔑むような目でルシペを睨み、そして一気に距離を詰めるのだった。

アシオスの怒り

ルシペに距離を詰めるアシオス。彼は愚かなルシペに怒りを感じているようだ。

蛇のイゴールが立ち塞がるが、アシオスは魔法を使ってあっさりと制圧する。

身動きが取れずにもがくイゴール。

その間にアシオスはルシペと距離を詰め、グイっと胸倉をつかんだ。

ルシペは焦りの表情を浮かべ、イゴール…!イゴール…!と名前を呼ぶが、助けに来てはくれない。

そしてアシオスが拳を握り思いっきり殴りつけると、ルシペは吹っ飛びゴロゴロと床を転がる。

ただでさえ弱っているルシペのダメージは大きく、立ち上がることが出来ない。

アシオスは倒れているルシペに詰め寄りながら、選択肢を与えた。

どちらを選びますか?一瞬で死ぬか、あるいはゆっくり苦痛を感じながら?選んでください、バルディマルの王よ!

アシオスのその言葉に、ルシペは追い詰められてガタガタと震えているのだった。

【24話】感想

ルシペがあまりにもあっさり追いつめられていますね。アシオスが強すぎるということもあるのかもしれませんが。

元々弱っているとはいえ、恐れらていたルシペがかなり小物に見えてしまいます。

二択を迫ったアシオスですが、果たしてルシペはどういう選択をするのでしょうか。

まさかこのまま勝負がついてしまうとは考えづらいですが…。この後どうなるのか注目ですね。

←前回 今回 次回→
第23話 第24話 第25話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ