韓国漫画の感想考察(※ネタバレあり)

【81話】皇帝の子供を隠す方法のネタバレを含む感想と考察!

ピッコマで公開されている「皇帝の子供を隠す方法」の感想と考察になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第80話 第81話 第82話

>全話まとめ一覧はこちら

「皇帝の子供を隠す方法」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【81話】感想と考察(一部ネタバレを含む)

管理人が作品を読んだ感想と考察になります。

父の圧力には屈せず

今回からシーズン3が開始となりました!

父レストン公爵が相変わらず完璧な皇后になれと圧力をかけてくる状況で、これ以上父の思い通りにさせてはいけないとアステルは決心。

彼は自分のために娘を利用しようとしているだけですからね。彼の言うことに従って振り回されるわけにはいかないでしょう。

そしてアステルは父を呼び出し、公爵の座をフリッツに譲ってはどうかと提案。思いもよらぬ話にレストン公爵は声を荒らげて怒っていました。

これはいきなりですね…。レストン公爵からしたら何のメリットも無いと思うので拒否するのは当然でしょう。

ただアステルはある書類を父に突きつけることに。それは西部領地の秘密帳簿であり、中身に目を通したレストン公爵は動揺を隠せない様子。

そこにはカイゼンが即位する前の先代皇帝時代にレストン公爵がやっていた大規模な脱税などの不法行為の記録が残っているという。

レストン公爵の反応からして絶対にバレるはずがないと思っていたのでしょうね。

それからアステルはデンツ城での暗殺の試みやテオールの拉致などの証拠も持っていることを示唆して圧力をかけ、結局レストン公爵は要求を受け入れることに。

父を目の前にしても堂々とした振る舞いでアステルはたくましくなりましたね。

捨て台詞を吐いて

最終的にアステルの要求を受け入れたレストン公爵。

爵位はどうせいつかフリッツに渡さなければいけなかったから別にいいと言い、そしてお前はきっと今日のことを後悔するだろうと捨て台詞を吐いて部屋を出て行きました。

また何か手を出してきそうで怖いですね…。まあレストン公爵のような人物がこのまま黙っているはずはないですが。

レストン公爵には今後も注意が必要でしょう。

その秘密帳簿を入手したのは

アステルがレストン公爵に突きつけた秘密帳簿ですが、どうやらそれは何者かが彼女に届けたものだったよう。誰がくれたのか不明なまま受け取ったみたいですね。

そして秘密帳簿と一緒に、思いのままにしたらいいという旨のメッセージが添えられていたらしく。その秘密帳簿を自由に使えということですかね。

そのメッセージの文字はアステルには見慣れた筆跡だったよう。

それからレストン公爵の没落を願いながらこれほどの秘密情報を入手できる人物は一人しかないということで、アステルはべリアンのことを思い浮かべていました。

ここに来てまさかのべリアンですか。全然予想していませんでしたし、フリッツ以外にもレストン公爵の不正を調査している者がいたとは。

そのためアステルはべリアンと会って話をしてみようと思ったみたいです。彼が何を考えているのか気になるところですね。

←前回 今回 次回→
第80話 第81話 第82話

>全話まとめ一覧はこちら

-韓国漫画の感想考察(※ネタバレあり)