韓国漫画の感想考察(※ネタバレあり)

【41話】皇帝の子供を隠す方法のネタバレを含む感想と考察!

ピッコマで公開されている「皇帝の子供を隠す方法」の感想と考察になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第40話 第41話 第42話

>全話まとめ一覧はこちら

「皇帝の子供を隠す方法」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【41話】感想と考察(一部ネタバレを含む)

管理人が作品を読んだ感想と考察になります。

複雑な心情

前回襲撃を受けたカイゼンは力尽きて倒れ、すぐに運ばれて治療を受けることに。

一方のアステルは複雑な心情のようで。

まず自分のせいでカイゼンの命が危険な状態となっていること。そして関係者は事件の調査を受ける必要があるため、カレンベルク侯爵とテオールを家に帰らせることができないであろうこと。

また事件の黒幕がレストン公爵であることが明らかになれば、今回のことが明るみになれば反逆者の娘として死刑は免れられないということ。

色々な考えが一気に彼女を襲ったみたいですね。

もう父とは縁を切ったようなものなので、アステルが罰を受ける必要なんてないと思いますけどね…。

特にカイゼンがそんなことさせないような気がします。

また幸いにもレストン公爵家とカレンベルク侯爵家は絶縁しているため、テオールはカレンベルク侯爵のもとで生きられるという。

それがアステルにとってせめてもの救いかもしれませんね。

部屋にやって来たのは

アステルとカレンベルク侯爵が部屋で話をしていたところ、そこにはなんとカイゼンがやって来ました。

倒れて治療を受けていたはずですが、目覚めてすぐアステルのもとへやって来たみたいです。

しかも自身が誰よりも大きな怪我をしているのに、アステルとテオールが無事か心配しているようで。

これは好感度急上昇なのでは?笑

まあ今まで彼は自分勝手でアステルを苦しめたり、酷い人に思える過去もあるため、難しいところですけどね…。

カイゼンのことを許せる人と許せない人に分かれそうな気はします。

ひとまずアステルたちが無事だと知り、カイゼンは安心したようでした。

ちなみに最後、まだ安静にしていなければいけないと注意しに来たべリアンのことを、カイゼンは思い切り殴りつけていました。

一体何が…!?べリアンって今回の件で何か失態を冒したりしましたっけ?汗

なぜカイゼンが彼を殴りつけたのか、真相が気になるところです。

←前回 今回 次回→
第40話 第41話 第42話

>全話まとめ一覧はこちら

-韓国漫画の感想考察(※ネタバレあり)