韓国漫画ネタバレ

【65話】今世は当主になりますのネタバレを含む感想と考察!

ピッコマで公開されている「今世は当主になります」の感想と考察になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第64話 第65話 第66話

>全話まとめ一覧はこちら

「今世は当主になります」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【65話】感想と考察(一部ネタバレを含む)

管理人が作品を読んだ感想と考察になります。

ギャラハンが出した答え

前回の話で描かれていたフィレンティアをペレスの従者にしてはどうかという皇帝の提案。

ギャラハンの意向でロンバルディ家としてその提案を受け入れることに。

やはりそっちの展開に転びますか…。

ルーラックは少し抵抗感があったみたいですね。フィレンティアを危険に晒してしまうのではないかと。

ただギャラハンは避けられないことだろうと考え、それに娘に何かあってもペレスが守ってくれるだろうと信じているようです。

ペレスがいかにフィレンティアのことを大切に思っているか、ギャラハンにはそれが伝わっていたみたいですね。

ルーラックが心配するように、きっと皇后ラビニの矛先がペレスだけではなくフィレンティアにも向けられて、危険な目に遭うこともあるでしょう。

ただこれからペレスとフィレンティアが今まで以上に力を合わせて困難に立ち向かっていくと考えると、物語として盛り上がっていきそうですね!

プロローグで描かれていたような成長して大人になった2人の手を取り合う場面が楽しみです。

ペレスには秘密を明かそう

ギャラハンが重病であるトレンブルーにかかったことは、表向きには秘密にされています。

彼は大きな事業を持っていますし、一応後継者候補にもなると思うので、その事実が知れてしまったら色々と大騒ぎになりますからね…。

知っているのはロンバルディ家内のごく一部の人だけでしょう。

ただフィレンティアはペレスにだけは打ち明けることにしました。それだけ彼のことを信頼しているというわけですね。

真面目なペレスの性格なら、絶対秘密は守ってくれるでしょう。フィレンティアの困るようなことをするはずがありませんから。

それに純粋に力になってくれそうな気もします。皇宮内でどれほどの力を持っているかは分かりませんが、それでも彼は第2皇子ですからね。

彼の指示で動かせる人やお金もあるのでは?

必要であればペレスの力も借りて、ギャラハンを助けたいところです。

笑うビエーゼ

ギャラハンの病気を知って喜んでいる人物が…。そうです!ビエーゼです!

シーズン2になってから初登場ですね。

彼はギャラハンを診察したオマリー博士から情報を聞いたようで。ギャラハンの病気を知った途端に思わず笑みがこぼれていました。

相変わらず最低な奴ですね。家族が苦しむのを喜ぶだなんて。まあ家族と言えるような仲ではないですが。

最近だとギャラハンのほうがルーラックからの信頼を得ていて、次期当主を争う立場でもありますから、ビエーゼは彼のことを酷く恨んでいたのでしょう。

ギャラハンの苦しみを喜ぶのは勝手ですが、非道なビエーゼはそれだけにはとどまらず。なんと病気の治療を遅らせるのをやめるようにとオマリー博士に圧力をかけるという。

つまり、より早くギャラハンに死んで欲しいということでしょう。本当に最低な人間です。

果たしてオマリー博士はどういう選択をするのですかね?ビエーゼに詰め寄られて逆らえないという感じでしたが、彼の意向は明かされておらず。

オマリー博士の立場からすると、病死する可能性の高いギャラハンよりも、ビエーゼに従っておくほうが自身の身を守れると考えてもおかしくはありません。

まあビエーゼの圧力になんか屈さないでほしいものですけどね。彼はどちら側につくつもりなのか、その意向が気になるところです。

←前回 今回 次回→
第64話 第65話 第66話

>全話まとめ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ