韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ33話】皇女、反逆者に刻印するの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「皇女、反逆者に刻印する」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第32話 第33話 第34話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「皇女、反逆者に刻印する」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【33話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

首謀者

森に連れて来られたミカエリス。

ここまで来れば監視のゴーレムの目につかないし、周りには結界も張られている。

皇族が互いを牽制するために、互いの専属騎士をいじめるという話はよく聞いたことがある。

しかし、皇女がその対象になるくらいなら、自分がこうなった方がまだましだと考えた。

すると、そこに第6皇女ステファーニャと第6皇子デレク、その専属騎士の2人が現れた。

彼らの話を聞く限り、首謀者はこの場にいない第3皇女ブリジッテであった。

ミカエリスが彼女らの前で跪き挨拶をすると、デレクは跪いたままでいろと指示をする。

すると、第6皇女ステファーニャの専属騎士リトバーと第6皇子デレクの専属騎士スノーレットがミカエリスの背後に立った。

スノーレットは彼の耳元で両ひざを地面につけるようにこそっと言うが、奴隷のように礼を尽くせと私に言えるのは皇帝と主人だけだと言い、それを拒否をした。

仕方なく、無理やり地面に押さえつけるスノーレットとリトバー。彼の膝からは血が出ている。

言いがかり

ステファーニャはイヴィエンヌが専属騎士の教育に困っていると聞いて、変わりにやって来たのだと言う。

そして、ミカエリスの至らない点について、専属騎士になって1か月も経つのに最大義務である「奉仕」が行われていないことを指摘した。奉仕とは主人に対しての夜の世話のことである。

欠点のあるホムンクルスは皇室に置くことが出来ないと因縁をつけてくるステファーニャとデレク。専属騎士の義務を遂行できないなんて降格されて当然だと言う。

そして、どうせならこの場で確実に追い出される理由を作ってあげようか?と意地悪そうに笑うと、スノーレットとリトバーに剣を抜かせた。

ミカエリスは対抗したかったが、ここで剣を抜けば皇族の命を脅かしたという濡れ衣を着せられかねない。

ミカエリスは丸腰の状態で立ち上がると、生き残ることを目標にしないといけないと心の中で思うのであった。

【33話】感想

首謀者は第3皇女ブリジッテでした。ステファーニャとデレクに指示をして、自分はティータイムの方に出席しているのでしょうか。

夜の世話をしていないからとかとんでもない言いがかりですね。本当に問題であれば、イヴィエンヌがうまく対処するでしょうし…

ミカエリスは無事ここから抜け出せるのでしょうか。

←前回 今回 次回→
第32話 第33話 第34話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ