韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ32話】皇女、反逆者に刻印するの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「皇女、反逆者に刻印する」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第31話 第32話 第33話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「皇女、反逆者に刻印する」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【32話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

今日の予定

イヴィエンヌに呼ばれたミカエリスが部屋に行くと、お茶が用意されていた。

他にもメイドのセデラーたちもおり、イヴィエンヌがみんなで話をしたいと思い彼らを呼んでいたのだ。

ミカエリスはイヴィエンヌが美しく着飾っているのに気づくと、彼女を褒めた。

ミカエリスの忠誠心を高めようと努力してみたと笑うイヴィエンヌに、彼は効果的なようですと答えるのであった。

雑談を楽しむイヴィエンヌたち。

ミカエリスが今日の日程について聞くと、皇女たちの定期的に行われるティータイムがあるのだと言う。

皇女たちのティータイムは表向きには政治案件について討論する場。しかし、実際には直系皇族の女性だけが集まるため、主な話題は専属騎士に対してのものであり、ひどい時には下ネタまですることになる。よって、専属騎士を連れていかないのが暗黙のしきたりなのであった。

今日のティータイムは専属騎士なしで行くのが慣例だと伝えると、ミカエリスは少し疑問に感じているようであった。

イヴィエンヌはミカエリスに今日の仕事は終わりだから、お茶を飲んだら宿舎に帰っていいと告げた。

彼は闘技場にいるから何かあったらいつでもまた呼んでくださいと答えるのであった。

嫌な予感

イヴィエンヌは何かが引っかかっていた。そういえばブリジッテも貧民移住案件で癪に触っているだろうし…

イヴィエンヌは以前の命令について忘れずに遂行している?と、使用人のヒューに聞いた。

ミカエリスに何かあったらすぐ自分に言うように命令した件である。

もちろんです!と答えるヒューに、今日は特に気をつけてねとイヴィエンヌは念押しするのであった。

闘技場で

剣の修練をするため闘技場にやって来ていたミカエリス。

周りの騎士たちについて考え事をしていると、専属騎士シルヴァスティアンがやって来た。

修練しないで何を考えているの?と聞かれると、ホムンクルスの騎士について考えていたと答えるミカエリス。

専属騎士達は普通1対1で訓練ばかりするから、挟み撃ちといった団体での攻撃は不可能だと話す。

ミカエリスから思いがけない話を聞き、驚くシルヴァスティアン。

ミカエリスは話を続けた。魔晶石の採掘量が減っているから、このままでは近いうちに魔竜討伐戦に参加することになるだろうと。魔晶石が結晶化するには魔竜の肉が必要なのだ。

その際に、各々でしか戦えないということになると、多数の犠牲者が出てしまうことを危惧していたのだ。

話を聞いたシルヴァスティアンは、お前が他のやつらを気にするなんて意外だと言った。

そして、シルヴァスティアンが立ち去ると、今度が他の騎士が2人ミカエリスの元にやって来た。

彼らはある皇族が呼んでいるからついてこいと言うのであった。

2人の騎士に連れられて、森までやってきたミカエリス。

皇女がティータイムに行っている隙を狙って、ミカエリスを呼び出したのだ。

いったい何を企んでいるのだろうと、ミカエリスは不審に思うのであった。

【32話】感想

イヴィエンヌの嫌な予感は当たってしまいました。ミカエリスを呼び出したのはロゼニットの仕業でしょうか。最近、怒りを買ったブリジッテの可能性もありますね。

次回、彼がどうなってしまうのかが気になります。

←前回 今回 次回→
第31話 第32話 第33話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ