韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ29話】皇女、反逆者に刻印するの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「皇女、反逆者に刻印する」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第28 第29話 第30話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「皇女、反逆者に刻印する」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【29話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

イライザのキス

長いキスをする専属騎士イライザから、手を引っ込めるイヴィエンヌ。

申し訳ございません、殿下の手の甲に口づけする光栄に思わずと笑顔を向けるイライザ。

困った表情のイヴィエンヌにお帰り下さいと言われると、わかりましたと笑い、立ち上がった。

そして、部屋に出て行く際にちらっとこちらを見てニヤリと笑うのであった。

手首を捻ってやればよかったと悔しさを滲ませるミカエリス。

イヴィエンヌは自分の手を見つめると、ブリジッテの専属騎士に触れられては困るのにと言った。

専属騎士イライザ・ハルシュテンはブリジッテの男性遍歴を知っていながらも、彼女の目に留まろうと努力したという。その理由はもちろんブリジッテが有力な皇太女候補だから。

利己主義的な考えを持つ者が自分に色目を使うのは、あまりいい気はしないのであった。

本当の刻印

ミカエリスはため息をついてこう言った。

手の甲を差し出してくる皇女がいれば、今度は手の甲を要求する専属騎士か。そういえば、皇室では専属騎士を景品に賭けをすることもあると聞くが?と。

私はそんなことしないし、応じるつもるもないと答えるイヴィエンヌ。

避けられない戦いだったとしたら?とミカエリスが聞くと、ミカエリスを奪われるわけにはいかないから絶対勝たないととイヴィエンヌは真剣な表情をした。

そんな彼女を見て、私は本当に彼女に刻印されたんだなとミカエリスは思うのであった。

街へ

街に来ていたイヴィエンヌとミカエリスは、子どもたちに手を振った。

彼らはアルベンに勧められた通りに市民っぽい服を着て、皇室公的活動に来ていたのだ。

イヴィエンヌはちょうどお祭りをやってるし、せっかくだから都市見物をして行こうと提案をした。

活気あふれる屋台を見たミカエリスは目を輝かせた。

街の中ではイヴと呼ぶようにイヴィエンヌがお願いすると、彼は照れながらもそう呼んだ。

「イヴ」

イヴィエンヌは、前世でミカエリスがそう呼んだ時のことと重ねてしまうのであった。

その後、お祭りを楽しむ2人は、もうすぐ歌のステージが行われるという会場にたどり着いた。

イヴィエンヌがそれに興味を示していると、誰かと揉めている女性がこちらに走って来るのであった。

【29話】感想

イライザはこれからもイヴィエンヌに接触してきそうで怖いですね。ブリジッテとさらに関係が悪化する予感がします。

イヴィエンヌに大切に想われているミカエリスは、前世の記憶は消えましたが現世でも彼女のことを愛するようになりそうです。

←前回 今回 次回→
第28話 第29話 第30話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ