韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ24話】皇女、反逆者に刻印するの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「皇女、反逆者に刻印する」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第23話 第24話 第25話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「皇女、反逆者に刻印する」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【24話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

銭湯事業の提案

半年前。第3皇女ブリジッテの応接間でのこと。

ルチアード建設商会を運営するルチアード伯爵とその娘のアナイスは、ブリジッテから公衆浴場を建設する公共事業の提案を受けていた。

銭湯事業はあまり利益が良くなく、ルチアード伯爵らは難色を示していた。

しかし、ルチアード建設商会に先に話しただけで、他にもこの仕事を受けたい人はいくらでもいると強気に言うブリジッテ。

結局、皇室の福祉に貢献できればと考え、ルチアード伯爵は銭湯事業を引き受けることになっていたのだった。

アナイスに接触

ブリジッテに会うために、誕生パーティーに来ていたアナイスは頭を悩ませていた。

銭湯の湯を沸かすために必要な魔晶石の価格がとんでもなく高騰してしまったのだ。防火事故防止規制のため、魔晶石の代わりに火を使うのは難しい。この事業を続ける限り、どんどん赤字は膨らむばかり。

ルチアード建設商会の存続の危機にもかかわらず、ブリジッテは話を聞こうともしてくれないのであった。

そこに、ミカエリスが現れた。自分の主人であるイヴィエンヌが会いたがっていると伝えに来たのだ。

最初は難色を示したアナイスだったが、少しの時間だけならとそれを承諾してくれるのであった。

ブリジッテの企み

アナイスを真珠貝の部屋で待っていたイヴィエンヌ。

彼女は皇室委任事業のせいで大きな危機に直面しているルチアード建設商会の手助けがしたいと申し出た。帝国三大商団の1つでブリジッテに政治資金を提供するチャンスリー商団が、まもなく大々的に推進される皇道再建築事業を優位に進められるために、ルチアード建設商会を潰そうとしているのだと。

そして、魔晶石が急騰したのもチャンスリー商団が買い占めしたからなのであった。

チャンスリー商団と結託し魔晶石を高騰させた張本人のブリジッテに、怒りの感情が湧いてくるアナイス。

アナイスはそんな彼女に会ってもらおうとずっと待っていたなんて、なんて自分は愚かだったのだろうと涙を流した。

すると、イヴィエンヌは彼女の手を取り、これからは私は手助けしますと言った。

解決策

イヴィエンヌから提案された書類を見たアナイスはとても喜んだ。アドバイスされた石鹸事業もこれから期待できそうだと目を輝かすのであった。

笑顔で帰って行くアナイスを見送ると、これでチャンスリー商団に銭湯事業を横取りされることはないだろうと安堵した。

前世ではブリジッテがチャンスリー商団のために火気規制の緩和したため、銭湯で死者300人以上の被害が出た大火災が起きていた。

これを防げることができるかもしれないし、ブリジッテを阻む第一歩になるだろう。

イヴィエンヌはほっと一息つくと、ミカエリスがいないことに気が付くのであった。

【24話】感想

ブリジッテは自分の利益のため他人を陥れる本当に嫌な奴ですね。

アナイスにどんな提案をしたのかは詳しく描かれていませんでしたが、ルチアード商会が救われて良かったです。これで彼女もイヴィエンヌの協力者になってくれそうです。

それにしても、ミカエリスはどこに行ってしまったのでしょうか。第8皇女のロゼニットと接触していないか心配です。

←前回 今回 次回→
第23話 第24話 第25話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ